ライブバカラで連勝街道まっしぐら!(前編)

どうもポチョムキンです。今回はウィリアムヒルカジノクラブのライブバカラで真剣勝負してきました。
5,000入金して、所持金は5034.19です。

ディーラーのお姉さんとチャットで話すこともできます。英語ですけどね。
このテーブルはなんとプレイヤーが連勝しているテーブルですね。
画面下にある表を見てください。これは罫線と言われる、今までの履歴が見られる表なんです。
全部で5つの表があるのがおわかりでしょうか?
この中で〇が記入されてるのが左側の大きな表と真ん中下の表だけですね。
この罫線は全て同じ結果をもとに記入されます。でも視点が違うので、未記入のものもあるんです。
一番大きな左側の表がビッグロード(大路)と言われていて、これが単純な出目の履歴になります。

プレイヤーがずっと出てるなら次もプレイヤーが出るはずですよね。よって私はプレイヤーに500賭けました。

結果はバンカーで負けました…ここでバンカーかよ…
このテーブルはカードチェンジしたばかりで履歴がまだまだ少ないので、しばらく待ってみることにしました。

しばらくして戻ってくると、ゲームが進んでますねえ。やはりプレイヤーが多くでているようです。
私は今回、大路ではなく、右上のスモールロード(小路)と呼ばれる罫線で予測してみたいと思います。
スモールロードは簡単に言えば「流れがあるかないか」が記された表です。この中の赤〇は以前と同じ流れですよ
という意味で、青〇はいままでにない流れですよということになります。

画面内の小路を拡大するとこんな感じです。
これを見ると、今は同じ流れだよーということがわかります。大路でみるとプレイヤーが連続で出ていますね。
これはプレイヤーが出る流れが続いているよということなのです。

さて、1ゲーム様子を見ると、バンカーが出て小路上に青〇が付きました。これから次を予想します。
青〇は今まで1度出ると次は必ず赤〇が出ています。よって、次は赤〇が出るということが予想できますね。
ここで左の大路を見ます。一番右のバンカーの2列前の結果を見るとバンカーが出ています。
ここから同じ流れになるということなので、その次はプレイヤーだということが予想できます。
私は500をプレイヤーにベットしました。

結果はプレイヤーで勝利!1,000ゲット!ナチュラル8ですよ。
その次は様子を見ました。小路では赤がくるかもしれないし、テレコになって青が出るかもしれないのです。
こういう時は様子を見るに限ります。

結果はバンカーでテレコの展開だということがわかりました。では次はベットしてみましょう。
青の次は赤が出る。つまり、次は…プレイヤーです。


見事勝利!500賭けていたので、1,000ゲットしました。これで2連勝です。
そして次です。次は青が出ると予想できるので、今までと違う流れになるはずです。
大路ではテレコの展開になっていました。ここは連続でプレイヤーが出ると予想します。

プレイヤーに500ベット。結果は…?

ナチュラル9で勝利!1,000ゲットしました!3連勝です。

そして次は思い切って1,000賭けます。次は赤になるので、プレイヤーの流れになるということ。
プレイヤーに1,000です!

4連勝!2,000の払戻です。ここまで予想が的中するとすごく興奮しますね。この調子でいきましょう!
と、その矢先…

まさかのディーラー交代!?確かにさっきのゲームでディーラーさんがチェンジとかなんとか言ってましたが…
これで流れが変わってしまうのでしょうか…
この続きは次回の後半で書きたいと思います。

現在5戦4勝。所持金7334.19