ビデオポーカー【ALL AMERICAN】でポーカー経験値倍増計画始動!!(オンラインカジノ事始め23)

ビデオポーカー【ALL AMERICAN】でポーカー経験値倍増計画始動!!(オンラインカジノ事始め23)

オンラインカジノには、ポーカー由来のゲームや、ポーカーと何かが合体したゲームなど、色々あります。
そういったポーカーがらみのゲームはいくつもやってきましたが、ポーカーをガッツリとやったのは、だいぶ前に『ACES&FACES』というゲームをちょっとかじったぐらいです。
そんなわけで、今回はポーカーに本格参戦してみようかと思います。
今まではラッキーベイビーカジノの「テーブル&カードゲーム」という所からゲームを選んでいたのですが、ラッキーベイビーカジノには「ビデオポーカー」というジャンルもあります。
今回はそこから…

[ALL AMERICAN]
このゲームに挑戦します。

ポーカーですから、カードを使ったゲームなのですが、画面の方は、ちょっとスロットに近い印象です。
「ビデオポーカー」は、ディーラーや他のプレーヤーと競うわけではなく、自分がいかに良いハンドを作るかと言うゲームです。
考えてみると、相手のカード次第で、自分に良いハンドが無くても勝てるといった、普通のポーカーとは全く違ったゲームと言っても良い気がします。
(今回はポーカーに本格参戦とか言っておきながら、普通のポーカーとは全く違うと言うのも変な話ですが、このゲーム画面を見て、そう思ってしまいました)

賭金を1ドルにして「1枚」ベットで、ディールをクリックすると、こんな感じになりました。
ちなみに画面下の[1枚ベット]というボタンをクリックする事で、5枚までベット出来ます。また、1枚のコインの額は右下の数字の両側の[+][-]のボタンで調節できます。
更に、ちなみにベットの枚数を増やしても、勝った時の配当が増えるだけで、勝率などは全く変わりません。当たり前ですけど…。僕のような本当の初心者だと、多く賭けた方が、なんとなく当たりやすくなるのかな…なんて事を漠然と思ってしまったりもするもので、自分への戒めも込めて書いてみました。
配られたカードの中から、残したいカードを選んで[ホールド]して、もう一度[ディール]をクリックするわけです。
配られたのは【2】【3】【5】【10】【Q】。
何を残すべきか、狙いどころが分かりません。【4】と【6】が来ればストレートが狙えます。それとも、スペードの二枚を捨ててダイヤが揃うのを期待するか…。

迷った末、何となく【10】と【Q】を残してしまいました。
これは別に何か狙いがあったわけではなく、何となく大きな数字を残しておこうという、我ながら素人丸出しの選択です。
結果…

運良く【K】が二枚来てくれて、[ワンペア]が成立したって事ですかね…。1ドル獲得できました。
何となく勝ってしまった感じで、あまり実感がありません。
上の画面は獲得した賞金を更に増やさないかというお誘いです。
ここは[コレクト]を選択して、1ドルをいただいておこうと思います。
次のゲームで配られたカードは、こんな感じになりました。

【7】でワンペアが出来ているので、ここは素直にいきます。

結果は…

新たに配られたカードに【Q】が2枚あって、めでたく[ツーペア]の成立です。
ただ、前のカードにも【Q】があったので、それを残していたら、[フルハウス]の可能性もあったわけですが…。
もし、そういう選択をしていたら、【Q】が2枚来たかは、甚だ疑問です。ただ、配られるカードの順番が変わらないのだとしたら、1枚は確実に【Q】が来るはずなので、最低限今回と同じ[ツーペア]は確保できていたはずです。
そんなわけで、結果から考えると、さっきの場合【7】2枚と【Q】をホールドするのが、最も良い選択だったことになります。ですが、あの場面で【Q】を残すという選択は、全く考えもしませんでした。経験値の問題なのですかね… 経験を積めば、最もベストな選択をできるようになるのでしょうか?
まあ、こんな事を考えても結果が変わるわけではないのですが、あれこれと考える事で、多少は「経験値」が上がったりもするのではないかと思っております。
地味ですが、せっかく二連勝したので、ここで新たなステップを踏み出そうと思います。
獲得賞金を倍増させましょう。
画面上の[ダブル]は獲得賞金の1ドルと、ベット金額の1ドルを全部賭ける事、[ハーフダブル]は文字通り半分だけ賭ける事です。
僕は[ダブル]を選びました。

伏せられた4枚のカードから、一番左に表示されている[3]よりも大きな数字を選べれば勝ちです。
相手は[3]ですから、よほど運が悪くなければ勝てるはずです。

選んだカードは[9]、賞金は倍になりました。
で、また、この表示です。
勝ち続ける限りはずっと、この画面が出ます。
ある意味、これは悪魔の誘いですよね。程よい所で[コレクト]しなければ、いつかは必ず負けるはずですから。
しかし、もう一回ぐらいは勝てそうな気がします。

後悔先に立たずとはこのことです。
表示されたカードは[K]です。
よほどの事がない限り勝てる気がしません。
[コレクト]しておくべきでした。

結果はご覧の通りです。
せっかくの賞金が全部無くなってしまいました。
ポーカー本格参戦など意気込んだくせに、しょぼい出だしになってしまいました。
このゲーム、本来なら強いポーカーハンドを作って、高額の配当を狙うのが正しい勝ち方だと思います。
ゲーム画面に表示されている「配当表」に書かれている通り、強いハンドさえ作れれば、それなりの配当を得られます。おいそれと「ロイヤルフラッシュ」が作れるとは思いませんが、いつかそんな勝ち方がしてみたいものです。
今回は、また入り口止まりになってしまいましたが…。
ここから先の勝負はまた改めて書きます。
『ポーカー経験値倍増計画』のスタートです。

ブログカテゴリの最新記事