vsフレンチルーレット!ネイバーベットで確率の壁を超えろ【オンライカジノ事始め38】

vsフレンチルーレット!ネイバーベットで確率の壁を超えろ【オンライカジノ事始め38】

100%

【オンライカジノ事始め38】の目標は、前回の【オンラインカジノ事始め37】から引き続き、ラッキーベイビーカジノの『ルーレットプレミアシリーズフレンチ』のネイバーベット機能を使って、約200ドルの所持金を500ドルまで増やそうというもの。

今回は、前回の宣言通り実践編。リアルガチマネーでのチャレンジです。

リアルフレンチゲームと無料版を比較

まずはじめに、敵を知るという意味もこめてリアルフレンチゲームと無料版のゲーム画面を比較してみましょう。

オンラインカジノ事始め37

100%

リアルフレンチゲームの画面では、チップが0.01ドルから25ドルまでの7種類になっています。

100%

対して無料版のゲーム画面。こちらは0.1ドルから100ドルまでの7種類です。

リアルマネー版に100ドルチップが存在しないのは、そこまで高額のベットはあまり無いからなのかもしれません。

25ドルのチップを4枚置けばいいだけの話ですし……。

100%

しかし、気になるのは「0.01ドル」チップの存在です。

最低ベットは0.1ドル。0.01ドルチップの存在意義がわかりません。

100%

なんだか気になってしまったので詳細なテーブルリミットを確認してみましたが、やはりどんな賭け方をしても最低ベットは0.1ドルです。

0.1ドル以上を賭けたうえで、更に細かい金額を設定する時に使うという事でしょうか? 

ルーレットに精通した人には、ここまで細かい金額設定があった方が便利なのかもしれません。

ですが、今の僕にはとりあえず必要なさそうな気がします。

早速実戦です

ビデオポーカーで勝って僕の所持金は200.1ドルだったのですが、今は208.1ドル。

なぜか8ドル増えています。

実はスロットなどを少し見ていた時に、全然プレイする気はなかったのに、うっかり賭けてしまって、ちゃっかり勝ってしまったのです。

なので、これは神様からの贈り物としてありがたく使わせて貰います。

100%

賭け金0.1からスタートして、様子を見るという作戦をたて、ネイバーベットの[4](9個の数字をカバーします)で【0】をセンターにして賭けました。

[12、35、3、26、0、32、15、19、4]に0.1ドルずつで、合計0.9ドルのベットです。

『ОK』をクリックすると下のような画面になります。

100%

これでスピンをクリックすれば良いわけですが、画面右上のゲーム履歴欄を見てください。

100%

履歴の数字は、ちょっと様子を見ようと思って僕が「空回し」(ベットしないでスピンする事)したものです。

注目して欲しいのは、その下に小さく表示されている「範囲:24%]。

ここには、自分の賭けたものがルーレットの範囲をどのくらいカバーしているか表示されます。

24%という事は1/4弱という事ですかね…。

雑な考え方をすれば4回に1回ぐらいは当たってもおかしくないという事でしょうか。

100%

……出た目は【24】。

ホイールで見ると、僕が選んだ【0】周辺の9個の数字の、ほぼ真逆……。

負けてしまったものの、少しも動揺する事なく、『再度賭ける』で、同じベットを続けます。

100%

今度は【17】。また負けてしまいましたが、くじけません。『再度賭ける』です。

100%

次は【28】。負けましたが、少しずつ僕のエリアに近づいている気がします。『再度賭ける』!

100%/

今度は【26】でした。ドンピシャって感じで【0】の隣です。

払い戻しは「3.6ドル」。結果、所持金は「208.1ドル」となり開始時の状態に戻りました。

予期していた事とは言え、若干の虚しさを感じます……。

確立通りの結果……

ここまでは、確率通りの結果が出たということ。

この賭け方だと4回に1回は勝たないと収支はマイナスになってしまうのです。

むしろ4回に一回の勝利だと、所持金が増えも減りもしないという、極めて生産性の無い結果になります。

しかしこれはネイバーベットに限った事ではありません。

どんな賭け方をしたとしても、「確率通り」の結果が出れば、収支はほぼ「0」というか、少しマイナスになるように、払い戻し金額は設定されています。

どこかで「確率」から外れた結果を出さなければ”勝つ”事はできません。(負ける事は簡単なんですけどね…)

良い方の偏りが出て、収支がプラスになればいい…。

そんな事を考えながらゲーム画面を見ていたら気になる事を見つけました。

「ゲーム履歴」には「から回し」した時も含めて8回連続で「黒」が出ている!

黒が出る確率は、ほぼ50%。これはかなり極端な偏りといっても良い状況なのではないでしょうか? 

もし「黒」に賭け続けていれば「8連勝」。ルーレットにはこういう事もあるんです。

こういった流れを掴めればいいんですけどね…。

独立事象という事?

ルーレットが「それまでのゲームの結果に左右されない独立事象」のゲームと言われている事を、前回の記事「オンラインカジノ事始め37」で書きました。

その考え方を参考にすると、「黒」が例え100回続こうが、次に「黒」が来る確率も約50%。

「黒」が続いたから、そろそろ「赤」が来るだろうという考え方が、そもそも間違っている事になります。

ですが頭では分かっていても、感覚的には受け入れられません。

「黒」が2回続く確率よりも、「黒」が10回続く確率の方が、低いはず。それでも、次に「黒」が出る確率は約50%…。

思考するうちに、わけが分からなくなってしまいました。

数学的な思考が得意な人には簡単な事なのかもしれませんが、あいにく僕の頭脳は「数学的」にはできていません。

そもそも、純粋に数学的に考えたら、賭け事なんて全て「親」が勝つようにできているはずです。ギャンブルをする事自体が馬鹿げている…というヤケッパチな結論に辿り着いてしまいます。

こんな事をクダクダと考えていたら、タイムアウトでゲーム画面が終了していました。

…考えていても仕方ありません。

「ネイバーベットで賭け続けたら勝てる気がする」

そう思った自分の「勘」を信じて、気持ち新たにゲームに挑みましょう。

再び実践

100%

[初戦]

【3】で勝利! 幸先の良い滑り出しです。

100%

[二戦目]

【2】で負け。数字的には【2】【3】と連続していますが、ルーレットで見ると【2】は【21】の隣です。【21】のそのまた隣の【4】までが、僕のベットしたエリアなので、惜しいと言えば惜しい気もします。

100%

[三戦目]

【18】で負け。ルーレット上の【12】までが僕のエリアなので、4マス程ズレています。

100%

[四戦目]

来ました! 【19】で勝利。所持金が$210.1になり、少し勝ち越しです。

この調子で少しずつでも増やしていければ良いのですが…

サクサクゲームをやってみました!

100%

この画像は90スピンぐらいで初めて【0】が出た記念に残したものです。

100ゲームぐらい続けた結果で…

19勝。

ダメですね。勝てません。

100%

25勝以上しなければ勝てない計算なので、収支は当然マイナス。
所持金を開始から18$減らし、190.1ドルになった所で止めました。
過去に挑戦した際に勝てたのは、たまたま運が良かっただけだったようです…。

少し様子を見てから賭け金を少し大きくし、勝負に出る計画でしたが、そんな気分にはなれませんでした。

このまま続ければ、おそらく多少勝ちが続いて収支が戻ったとしても大きくプラスにはならなかっただろうと思います。

今回は潔く、撤退します。18ドルぐらいのマイナスでビビる小心者と思われてしまうかもしれませんが、勝てる気がしない時はスッパリ止めるのも賭け事では大切だと僕は思っています。(所詮は負け犬の遠吠えですが…)

ネイバーベットはワクワク感やスリルを楽しめた

カジノのゲームのなかでも、ルーレットは継続的に勝つのは難しいゲームだと言われているのを何かで読んだ記憶があります。だからこそ、挑戦してみようと思ったのですが…。

ブラックジャックやビデオポーカーのようにプレイヤーの判断が、勝敗に多少でも影響を与えるゲームと違ってルーレットは結局の所「運次第」という気持ちが強くなりました。

ただ、「ネイバーベット」でエリアを決めて賭けていると、ルーレット上の玉の動きで、ある程度、自分の勝敗の判断がつくので、ゲームごとにちょっとしたワクワク感やスリルを楽しむ事はできます。

純粋に楽しんでゲームをしたい時には、良い賭け方のように思います。

勝ち負けにこだわるなら【赤・黒】【偶数・奇数】といった二倍配当の賭け方で、地道に勝ちを積み重ねるのが、最も現実的な気がします。

その賭け方だったら「フレンチルーレット」のメリットである「La Partage」が有効に働くはずですし…。

と、なんだか、まとめに入ってしまった感じですが…

目標を諦めた訳じゃない

所持金を500ドルに増やすという目標は、まだ諦めていません。

それに実はまだ「フレンチルーレット」への熱意もあります。

100%

ゲーム画面の右下の「ベットの宣言」をクリックすると、以前から気になっていて、いつか調べてみようと思っていた賭け方が表示されます。

この画面で、どれかを選択すると、そこに設定されている組み合わせでチップが配置されます。

どういう法則で設定されているのかは分かりませんが、わざわざ設定されているのですから、何か理由があるに違いありません。

もしかしたら、ここに「フレンチルーレット」攻略のヒントがあるのかもしれません……。

興味をそそられませんか?

僕は興味深々です。

次回に続く…かも?

検証!オンカジ必勝法カテゴリの最新記事