【スロット】Bookie of Odds|スペック紹介&徹底レビュー

【スロット】Bookie of Odds|スペック紹介&徹底レビュー

Triple Edge Studio/Microgaming社製ビデオスロットで競馬がテーマのBookie of Odds(ブッキー・オブ・オッズ)。
ペイラインは10ラインと少なめですが、リールごとの再スピン機能で配当のチャンスは高まります。
ぶち抜き図柄のベット額の最大5000倍の配当も魅力でしょう。

Bookie of Oddsのスペック

ゲーム名 Bookie of Odds
ジャンル ビデオスロット
ソフトウェア Triple Edge Studio
リール 横5×縦3
コインバリュー 0.01~0.5
ラインベット
ペイライン数 10
ジャックポット
オートプレー
高速スピン
ギャンブル機能

ベット額は最小値$0.1~最大値$25の間で選択可能です。

Bookie of Oddsのペイライン

Bookie of Oddsペイライン
Bookie of Oddsのペイラインは10ラインです。

Bookie of Oddsのペイテーブル

Bookie of Oddsペイテーブル
Bookie of Oddsスキャッター・ワイルド
低額配当はトランプの英数字、高額配当は競走馬やセレブの男性になっています。
スキャッター兼ワイルドは魔術書で、すべての図柄の代わりになります。

Bookie of Oddsの遊び方・機種紹介

フリースピン

Bookie of Oddsフリースピン
フリースピンの突入条件は、スキャッターが3つ以上停止することです。
停止数ごとにスピン数が変化します。

  • スキャッター×3:フリースピン×10
  • スキャッター×4:フリースピン×12
  • スキャッター×5:フリースピン×25

ぶち抜き図柄

Bookie of Oddsぶち抜き図柄
ぶち抜き図柄はフリースピン中ランダムに出現し、縦3マスに拡張します。
出現すると追加スピンを獲得することも可能です。
ベット額の最大5000倍を得られるチャンスもあります。

再スピン

Bookie of Odds再スピン
スピン終了時、各リールごとに再スピンをすることができます。
それぞれ消費するベット額が異なり、何度でも挑戦可能です。

Bookie of Oddsレビュー

Bookie of Oddsレビュー
Bookie of Oddsはリールごとに再スピンできることが特徴です。
そのため、フリースピンへ突入するためのスキャッターがあと一つ出れば……。
という場合の切り札として、利用できる機能の搭載された機種になっています。

Bookie of Oddsをプレイできるオンラインカジノサイト

スロットカテゴリの最新記事