他力本願・大願成就!ワレ”ジャックポット”ヲ獲得セリ

他力本願・大願成就!ワレ”ジャックポット”ヲ獲得セリ

今回は本気でジャックポットを獲りにいきます。
しかも、自己資金は最小限におさえて!
そんな事が出来るはずがないと、お思いですか?
それが出来るのです。

「みんなのジャックポット」

みんなのジャックポット
ラッキベイビーカジノカジノでプレイできる「みんなのジャックポット(Everybody Jackpot)」。
このゲームなら、自分の力を使わずして、夢のジャックポットを獲得できるんです。
ゲームを起動すると、イントロムービーに続いて、こんな画面が表示されます。

つまり、一度56.1ドル以上ゲームをすると、「みんなのジャックポット」を受ける獲る権利を得られます。
そして、権利が発生している間は、自分でジャックポットを獲得できなくても、他の人がジャックポットを出した時、おこぼれをいただけるというわけです。

これだったら、かなりの確立で「イケる」気がしませんか?
権利を得た時点でゲームを止めてもいいんです。

あとは何もせずに、誰かがジャックポットを引き当てるのを待っていればいいだけです。
まさに他力本願。
もはや、問題は受け取れる「分け前」がどのぐらいになるか、それだけです。

ジャックポットの金額

ジャックポットの金額
僕がログインした時のジャックポット金額は「304,611.46ドル」!
30万ドルを超えています。

70%がジャックポットを出した人、残りの30%をみんなでシェアするというシステムです。
30%でも2万ドルを越える額になります。何人でシェアする事になるのかは全くわかりませんが、そこそこの金額になるのではないでしょうか?

例え額が少なくなったとしても、ただ待っているだけで貰えるのですから、文句はありません。
とりあえず、獲得の権利を得なくては話は始まりません。

ミッション開始

ミッション開始

このスロットのペイライン数は8。
当面の目的は56.1ドルを賭けて、ジャックポット獲得の権利を得る事です。
あまり小さな額で賭けても、意味はありません。

ラインベットを0.5ドルにすると、ベット合計は4ドルになります。
この位の金額が妥当かもしれません。十数回のスピンで目標に達します。
できれば、その間にある程度の当たりを引いて、所持金の減少をおさえたい所です。

僕の所持金は100.15ドルです。4ドルをベットした状態なので、キャッシャーには96.15ドルが残っています。
これでミッションスタートします。

クリオファイド

クリオファイド
11スピンを終えました。
大きな当たりは無く、キャッシャーの金額は58.15ドルになってしまいました。
ジャックポット獲得の権利を得るには、さらに0.1ドルを賭けなければなりません。
つまり、もう一回、スピンすれば「ジャックポット」の権利を得られるのです。

クリオファイド ジャックポット
「クオリファイド」されました。
聞き馴染みのない言葉ですが「適任とする・資格を与える」といった意味の模様。
これで、資格が有効な間(有効期間は24時間)に誰かがジャックポットを引き当ててくれれば、僕は労せずして賞金を得られるというわけです。

権利保有期間
自分の権利保有期間は、こんな感じで表示されます。
何故か「月」だけ漢数字です。
日本人へのサービスでしょうか。

ちなみに(GMT)とはグリニッジ標準時の事です。
この間にも、ジャックボットの賞金は少しずつ増えています。

ご存じかとは思いますが、ジャックポットの賞金は僕のプレイしているラッキーベイビーだけでなく、他のオンラインカジノも含めて、このゲームをプレイしている全ての人のベット金額から積み立てられています。

今も世界の何処かで僕と同じように、このゲームを楽しんでいる人がいるのです。
そして、僕はその名も知らぬ誰かが、ジッャクポットを引き当てて、分け前を貰う事を心待ちにしています。
何だか国際平和に貢献している気分です。

継続か待機か!?

が、しかし…
本来であれば、ここからがこのゲームの本番であるはずです。
ジャックポット獲得の権利を得た上で、プレイし、自力で引き当て、他のプレイヤーに分け前をシェアする。これこそが、正しいプレイヤーの在り方でしょう…。

自力獲得の道を放棄してしまって良いのだろうか?
僕は迷いました。
ぶっちゃけ、ここで止めるのがちょっと物足りない気分だっただけなのですが。

当初の目論見では、権利を得たら「即ヤメ」して、果報は寝て待てを決め込むつもりでした。
それが、自己資金投入を最小限におさえる最善の方法です。
それは間違いではないとおもうのですが…
自力でジャックポットを獲得して「70%」を独り占めしたいという「欲」もあります。

続行!

結局、もう少しプレイを続けてみる事にしました。
数スピンの後、こんな絵柄が揃いました。

ジャックポット疑惑
「え!? ジッャクポット!?」
なんて、一瞬思いましたが、そんな甘い話はありません。
これは単なる「スキャッター絵柄」です。3枚以上出現すれば、フリースピンを得られます。

獲得報酬
この時点で獲得賞金は21ドル。さらに12回のフリーゲームを得られました。

フリーゲーム中 WILD
フリーゲーム中にだけ現れる「WILD」絵柄で、高額賞金獲得の可能性も高まります。
さらにフリーゲーム中にスキャッターが3枚以上現れれば、そこから更に12回のフリーゲームが追加されるのです。
無限にフリーゲームが続く可能性もなくはないのです。

結局、12回のフリーゲームで58.5ドルを獲得、賞金合計は79.5ドルになりました。
所持金は123.56ドルに増えています。

ゲーム継続が「吉」と出ました。
今回は多少のマイナス収支は覚悟の上で、「ジャックポットの権利を得る」事を目的としてゲームに挑んだのです。
それが、なんと20ドル以上のプラス収支に転じました。

もはや、これ以上ゲームを継続する必要はないでしょう。
あとは24時間以内に誰かがジャックポットを獲得してくれる事を祈るばかりです。
ログインしている間は他のゲームをしていても、リアルタイムで「ジッャクポット」の獲得が通知されます。ログアウトしても権利は継続され、ジャックボットの賞金が発生していれば、次回ログイン時に反映される事になっています。

細工は流流仕上げを御覧じろ

(さいくはりゅうりゅうしあげをごろうじろ)
まさに、こんな気分です。

先程も書いたように、あまたの人々が、世界中でこのゲームをプレイしているはずです。
その誰かが24時間以内に「ジャックポット」を獲得しさえすれば、賞金を得られるのです。

果報は寝て待て。
棚からぼたもち。
結果は24時間後。
もはや、良い予感しかしません。

結果発表

結果発表
約24時間後、ログインしてゲームを開いた時の画面がこちらです。

あっさりと、いつもの画面が現れました。
つまり、この24時間の間に、ジッャクポットを獲得したプレイヤーはいなかったという事です。
ジャックポットの金額は31万ドルを超えいてます。
着実に積み立てが増えています。

獲得者が出なかった事は残念極まりない事ですが、時間がかかれば、それだけ賞金は増えていくはずです。僕が受け取れる分け前も多くなります。
昨日のミッションでは、所持金を減らさなかったばかりか、むしろ増やす事ができました。

この調子で、所持金を減らさずにコミュニティージャックポットの権利を維持し続ければ、必ずジャックポットの賞金を受け取れるはずです。
ここで、注目して欲しいのは、資格を得る為に必要なベット金額です。

56.23ドル。

昨日のミッション開始時より、少し金額が大きくなっています。
おそらくジャックポットの賞金の額と比例して、変動するのでしょう。

2日目 クオリファイド

2度目のクオリファイド

2度目のクオリファイド達成です。
所持金は77.65ドルになってしまいました。

迷いましたが、やはりプレイを継続する事にしました。
昨日のように少しでも所持金を増やして終える事が理想です。

「そうそう上手くはいかないんじゃないか…」
という不安はありましたが、自分の運に賭けてみます。
その結果が下の画面です。

賞金獲得
数回転後に「36ドル」の賞金を得られて、所持金は「101.65ドル」になりました。
ここが潮時かなと思います。
この調子で所持金が100ドルを切らない事を一つの目安にして、一回のミッションの止め時にしていこうと思います。

権利期間
ゲームを終了しようとすると、こんな画面が表示されます。
これで24時間、僕の権利は継続します。

そしてゲームは続く

3日目終了
3日目終了。

この日はクオリファイドした時、すでに所持金が140.65ドルに増えていたので、迷う事なく、ここで終了しました。

4日目
そして4日目。

所持金は108.15ドル。
減ってしまったものの、100ドルを切る事はなかったので、この日も終了としました。

正直、もっと甘くみていました。
自分でジャックポットを獲得するのは難しいとしても、1日、2日のうちには誰かが引き当てるに違いないと思っていたのです。
それが4日を経過しても、達成できないなんて…。
賞金の上昇のスピードが思ったより遅いのも気になっています。

初日に30万ドルあまりだった賞金が、今は319,614ドル、約32万ドルになっています。
4日で2万ドル近く増えてはいるのですが、全世界のプレイヤーのベット額から積み立てられているにしては、増え方がイマイチな気がしていました。
もしかしたら、このゲームはあまり人気が無いのかもしれません。

プレイヤーの数が少なければ、ジャックポット獲得者が容易に表れない事も納得できます。
「AGE OF THE GODS」シリーズのスロットを何度かプレイした事があるのですが、結構頻繁に「他のプレイヤーがジャックポットを獲得しました」といった情報が表示されていました。

だから、このゲームでも一日に一人ぐらいはジャックポット獲得者が出ているんじゃないかと、高をくくっていたのです。
「AGE OF THE GODS」はゲームの種類も多く、おそらく、プレイヤーの数もかなり多いのだろうと思います。

実際の数は分かりませんが、それと比べたら、このゲームのプレイヤーは少ないに違いありません。
ですが、プレイヤーが少ないという事は、「ジャックポット」が出た時に賞金を分け合う人数が少ないという事でもあります。
気長に待っていさえすれば、必ず賞金は得られます。

24時間ごとに20回程度のスピン。
このミッションを続ける事に迷いはありません。
幸いにも、この4日で所持金は減っていません。
むしろ、増やせている時もあります。
ここで諦めるという選択肢はないのです。

ミッション・コンプリート

ミッションコンプリート
そして、5日目。
ゲームを開いた途端、こんな画面が…。
ついにミッション・コンプリートです。

ラッキーなプレイヤーが獲得した賞金は22万ドル超。
そして僕と1,008人のプレイヤーが富を分かち合ったのです。

その額「68.26ドル
この額をどう思いますか?

「ジャックポット」と言うには少し地味な額ではありますが、僕はほとんど自己資金を減らしていません。
まさに「他力本願」で68ドルを得られたのです。

ジャックポットの積み立て金額がもっと多かったり、権利を得ているプレイヤーの数が少なかったりすれば、100ドルを超える金額を得る事もあるはずです。
このゲームを定期的にチェックして、常にクオリファイドの状態をキープさえしておけば、自分がプレイしなくても、賞金が転がりこんでくるのです。

今回のミッションは、これで一応終了です。
ですが引き続き、このゲームとは長くお付き合いしていくことになるでしょう。
皆さんも僕と富を分かち合いませんか?

ラッキベイビーカジノ公式サイトはこちら

ラッキーベイビー

オンカジ実践記カテゴリの最新記事