BookofDEAD 大勝利

この度ハーミットは、以前から気になっていたオンラインカジノ『ワンダリーノ・カジノ』で勝負してみます。

今回はウェルカムパッケージを活用できるので、ボーナス満額をいただくためにも100ドルを入金します。
出金の制限はかかってしまいますが、当面は出金の事を考えるよりも、色々なゲームを試して、ワンダリーノの全貌を把握する事に努めます。
ボーナスも含めて300ドルの資金で、どれだけ遊び倒せるかが最初のチャレンジです。

ミッションと戦略

ワンダリーノ マイボーナス
上の画面をご覧ください。所持金は300ドルですが、【出金可能な金額】は「0」です。
200ドルのボーナスを受け取っているので、ボーナス条件が適用されて、累計で9,000ドルを賭けるまでは出金は出来ないのです。

条件がつくのは当然だとしても、累計賭金9,000ドルという条件が300ドルの軍資金でクリアできるものなのか、挑戦してみようというのも今回の目的の一つです。
本記事の挑戦では、追加入金する事なく、少しでも出金する事を目指します。

ただし、条件をクリアする為にはスロットでの勝負しかありません。
細かく当たりを引いて所持金をなるべく減らさず、とにかく数多くスピンしていく作戦です。

その過程で大きな当たりを引く事が出来れば、所持金を増やしていく事も不可能ではないはずです。
一撃で百ドル超という当たりも、スロットなら可能ですから。
プレイするスロットの機種選びが勝敗を大きく左右するかもしれません。

が、ここで思わぬ難問が……。
どのスロットをプレイすれば良いのか、全く見当がつきません。
スロットの数が豊富であるというワンダリーノの魅力が、僕を迷宮に迷い込ませてしまいました。

大きな当たりが頻繁に無くてもいいので、所持金を減らす事なく、長くプレイする事に適したスロットが、きっとあるはずなのですが迷っていても仕方ありません。
とにかく、プレイしながら様子を見ていく事にします。

冒険の一日目

パイレーツプレンティー
スタートに選んだスロットは『パイレーツ・プレンティー』。

とりたてて理由があったわけではなく、なんとなく面白そうだなと思っただけなので、少し様子を見て、ダメそうだったら、すぐに止めるつもりだったのですが……。
これが、なかなか面白いのです。

パイレーツプレンティ ワイルド
僕のお気に入りは、このサルのワイルド絵柄です。

コイツが現れると、低配当絵柄を消して、新たに絵柄が落ちてくるので、実質一回のリスピンの様な効果があります。
結局、それほど大きな当たりに結びつく事は少ないのですが、結構ワクワクします。

パイレーツプレンティ 船
更に上の画像の真ん中に出ている絵柄が現れると、右側の地図に描かれている船が動きます。
船が×印の所まで到達すると、トレジャーリールが解放されるらしいのです。
どうしても解放してみたくなってしまいました。
少しでも長く、このゲームで遊ばせようとするゲーム制作者の罠である事はわかっているのですが……。

パイレーツプレンティ 瓶  
トレジャーリールが解放されると、でっかいビンのワイルド絵柄が出るようになって、当たりやすくなった気がします。
実際は1スピン毎の勝利確率が上がるわけではないので、単に気分の問題だとは思いつつも、やはりテンションは上がってしまいます。
1時間あまり、存分にこのスロットを楽しんでしまいました。
その結果がこれです。

パイレーツプレンティ 結果
300ドルあった軍資金が200.7ドルに減ってしまいました。
というよりも、200ドルを切りそうになったので、慌てて止めたというのが真相です。

途中大きな当たりを引いて、数十ドルのプラスになった時間帯もあったのですが、結局、トレジャーリールを開放しようとして無駄に長く続けてしまった事が敗因です。
まあ、面白かったからいいんですけど……(完全な負け惜しみです)
累計の賭け金は824ドルになりました。
言い換えると100ドルの出資で824ドル分のベットを達成した事になります。
そんなに悪い数字ではないのかもしれないと自分に言い聞かせました。

面白いスロットだと、目的を忘れてしまうので、あまり面白くない方が良いかもしれないのですが、面白くないゲームはやりたくないなあ……などと矛盾を抱えつつ、チョコチョコと色々なスロットに手を出していたら、アッと言う間に数十ドルを失ってしまいました。

スロット三昧・破滅ヘまっしぐら

ムーンプリンセス ピンチ
その後GOLDEN COLTS、VIKINGS GO BERZERK、GONZO’S QUESTMoonPrincessとゲームを変えてみるものの残金は着実に減っていくことに……。
GONZO’S QUEST、MoonPrincessでちょこちょこと当たりは引けたものの、流れをガッチリ掴むまではいかず所持金は100ドルを切りそうな情勢に…。

やはり、初回入金だけで、出金できるほどの利益を出しつつ賭け金条件をクリアするのは無理なのかもしれません…。
正直、もう無理…、このままスロットを楽しんで終わってしまっても、自己資金は100ドルしか出していないのだからいいんじゃないか……。
この時はそう思わざるを得ませんでした。

しかし、ここで諦めるわけにはいきません。

起死回生!?「BOOK OF DEAD」

BookOfDead
気持ちを立て直し挑戦したのは「BOOK OF DEAD」。
このゲームはオーソドックスな「スロット」という感じで、あまり魅力は感じていませんでした。
実際にやってみても、あまり面白いとは思いません。
が、高額賞金の獲得のランキング上位に、このゲームのタイトルが上がっている事が気になっていたのです。

要するに高額賞金狙いでの選択です。
そうそう目論見通りにはいかないだろうとは思いつつも一縷の望みを託した次第です。
それに、あまり面白くない方が、状況が悪くなったらスッパリと止められるのではないかという気持ちもありました。

BookofDead スキャッター
大きな当たりを獲得できず数十スピン、やっとスキャッター3枚が出現。
この時の残金は45.75ドル。
このゲームで全て使い果たしてしまおうかと迷っていた矢先の事でした。

Bookofdead 10回  
10回のフリースピン、これが運命の分かれ道でした。
コインバリューが0.1ドル、ライン数が10ですから、1スピン1ドルです。

ブックオブデッド 合計配当

一瞬、自分の目を疑いました。
11,130コインを獲得、金額にすると1,113ドル。
残高にも、間違いなく反映されています。
夢でも幻でもありません。
45.75ドルが一瞬で1158.75ドルに増えました!!!!!!

フリースピン 経過
「BOOK OF DEAD」の驚くべき破壊力を目の当たりにした瞬間です。
面白くないなんて言ってゴメンなさい。
まさに最高のスロットです!

出金への道のり

出金への道のり
1,000ドルを超える賞金を得る事ができたのですから、本当なら、すぐにも出金をしたい所ですが、まだ課題がクリアできていません。
この時点での累計ベット額は1748.64ドル。
まだ2,000ドルにも届いていません。
これから7,000ドル以上のベットをしなければ、出金する事は出来ないのです。

しかし、希望は大きく膨らみました。
1,000ドルの資金があれば、条件のクリアは確実に思えます。
問題は、どれだけの金額を残せるかです。

とりあえず、目標を500ドルに設定しました。
目標というよりは「願い」ですね。
せめて、その位は残したいものです。

しかし、1,000ドルを超える資金を得た事で、気持ち的には、かなり余裕が生まれました。
そして、これまでの苦い経験も力になります。
たいていのゲームで必ず一度ぐらいは、連続で当たりが来る「良い時間帯」がありました。
その時を見逃さずに、ゲームを止める事が「勝つ」為には重要だと学んだのです。

賭け条件達成におすすめスロット

課題クリアの為にメインでプレイするゲームを定めました。

Vikinggotohell
「VIKINGS GO TO HELL」

これは単純に面白いです。
長くプレイしていくと、新たな演出があったりして、楽しめます。

小まめに当たりもくるので、資金の減りも緩やかでした。
今回の僕のように賭け金条件をクリアする目的なら、楽しみながら長くプレイできるゲームだと思います。
とは言っても、やはり全く当たりが来なくなる時もあり、のめり込んでしまうと、危険です。

僕がプレイした範囲で言えば「BOOK OF DEAD」の様な爆発力は期待できない気がします。
このゲームをメインに楽しみながら、調子が悪い時には他のゲームにいくという形が、なんとなく僕の中で定着してきました。

4HORSEMEN
続いて、頻繁にプレイしていたのが「4 HORSEMEN」。
このゲームは、動きがサクサクしていて、早く進められるのが気持ちいいです。

フリースピンは滅多に得られませんが、通常回転でいきなり大きな当たりが来る事も珍しくありません。
じっくりと楽しむよりは、サクサク回して、大きな当たりがきたらサッと撤退するといったプレイスタイルが向いているように思います。

他にも色々なスロットを試しましたが、メインとしてプレイしたのは、この2機種でした。
スロットは最終的には「やってみなければ判らない」というのが僕の印象です。

僕の場合は、たまたま、この二機種に好印象を持ちましたが、やる人によって相性や好みも違ってくると思います。
各ゲームについても、もっと書きたい事もあるのですが、長くなってきたので、それは別の機会にしようと思います。
それよりも、今回のチャレンジの結果をお伝えしなくてはなりません。

大勝利!!

大勝利
見事、課題をクリアしました。
残った金額は「802.43ドル」。
全額が引き出し可能な状態になっています。
ここまでに要した時間は約1週間。

途中、残金が400ドルぐらいまで減ってしまう事もあったのですが、何とか持ち直しました。
結果、目標とした「500ドル」を大幅に上回る800ドルを残す事が出来たのです。

実を言うと、ここまでの結果は全く期待していませんでした。
200ドルのボーナスでワンダリーノというカジノの事を出来るだけ知って、今後に役立てる事が出来ればいいといった程度の気持ちしかなかったのです。
それが良い意味で予想を裏切る結果となりました。
今回は詳しく触れませんでしたが、ワンダリーノには初回入金ボーナスだけでなく、「キャッシュスピン」や「レベルアップ」のシステムなどもあり、かなり興味深いオンラインカジノです。

引き続き、探っていこうと思います!

ワンダリーノカジノ