【ジパングカジノ】スロットでフィーバー発生!ジパングカジノ平均ペイアウト率100%超え!

【ジパングカジノ】スロットでフィーバー発生!ジパングカジノ平均ペイアウト率100%超え!

どうも、ポチョムキンです。
いきなりですが、これは事件といえるかもしれません。

ペイアウト率

ジパングカジノが公式ホームページで発表している月毎のペイアウト率レポート。
最新の2018年12月のペイアウト率が全体で100.75%を記録していました。

ちなみにペイアウト率レポートはジパングカジノの『よくあるご質問』タブ内の『ゲームの公平性』から確認できます。

詳しく見ると、スロットが脅威の105.40%になっています。
他が90%台なので、スロットだけジパングカジノがボロ負けだったということ。

これはスロットをプレイするしかありません!
普段はテーブルゲームがメインですが、今回はスロットをプレイしたいと思います。

ただ回しても運任せの趣が強い……。
システムベットや確率が好きな私はスロットのある機能に注目しました。
それは「ギャンブル」です。

ギャンブル機能とは

スロットに搭載されている機能で、勝って得た賞金を賭けてゲームに挑戦し、勝つことができればその賞金が2倍になるというもの。
アイリッシュラック ギャンブル
こちらはアイリッシュラックのギャンブルですが、次に出るカードの色が赤か黒かを当てるゲームです。
確率は完全な2分の1、50%。

パンサームーン ギャンブル
そしてこちらはパンサームーンのギャンブルです。
一番左のカードより大きな数値のカードを右の4枚から選びます。
理論上は確率50%ですが、カードの状況によっては、大きな数値のカードが1枚も入っていない状況やその逆もあります。
ダブルかハーフダブルが選べ、ハーフダブルを選ぶと負けても半分は戻ってきます。

なぜギャンブル機能を使うのか

なぜギャンブル機能を使うのか。
ポイントは「当たれば賞金が2倍になる」と、「確率50%」の2つ。

例えばスロットを$1で回し、$2が戻ってきた(賞金が$2)とします。
1回成功で$4になり、収支は+$3、2回成功すれば収支は+$7になります。
たとえ負けたとしても収支は1回転分の$1マイナスというだけなので、損失も少ないです。

スロットの賞金発生率が約50%ではないというところが欠点ですが、ギャンブル機能で賞金を増やすことができれば損失が減り、大きな賞金を得ることも可能となります。
そして、ギャンブル機能の赤黒を選ぶタイプは完全な50%というところが非常に魅力的。
類似ゲームのルーレットの赤黒でも48.65%なので、ギャンブル機能の方が断然有利なのです。

プレイ開始

プレイの前提条件

slot1
軍資金は$200。
ボーナスはもらいません。
ベット額は$1前後。
$1以上の賞金が発生したら必ずギャンブルを行います。

何回で止めるか、これは迷いますが、最高で3回までにします。
3連勝の確率が12.5%なので、これ以上はやらないほうがいいかなと。
それと、$50以上の賞金が発生した場合も無理はせずにそのままもらうことにします。

アイリッシュラック
プレイするゲームは「アイリッシュラック」です。

もちろんギャンブル機能があり、ワイルド絵柄が出て賞金が発生すると、賞金が倍増されます。
さらにボーナスゲームはマルチプライヤーも増加する可能性があるので、随所に賞金をゲットできる要素が散りばめられているといえるでしょう。

アイリッシュラック スピン
1スピン$1.5で回します。
4スピン目でいきなり$10.5の高額賞金!
これはギャンブル行くしかないでしょう!

アイリッシュラック ギャンブル
赤か黒か!
ギャンブル初挑戦なので、履歴もありません。
当たれば賞金は$21に、外れたら$0になります。
いきなりドキドキマックスですよ!

アイリッシュラック ギャンブル
黒と予想して、結果は赤……。
出だし最悪ですね。
賞金はなくなりましたが、所持金は1スピン分の$1.5しかなくなっていません。

アイリッシュラック ギャンブル
そして13スピン目、$1.55の賞金が発生。
ギャンブル1回目は黒予想が見事的中!$3.1に増えました。

2回目も黒予想で的中!
$6.2に!もう1回行きます!

アイリッシュラック 配当金
赤で的中!
$1.55の賞金がギャンブル3回成功で$12.4に!
興奮度がベンチプレスを上げてる時と同じくらいに高まっています!
回収してどんどん回します。

5カード
その後、15スピン目で得た賞金はギャンブル3回目で失敗し、失いました。
18スピン目。

5カードで$5.2が発生!ギャンブル行きます!

ギャンブル 赤
1回目は赤予想で的中!

アイリッシュラック 黒
2回目黒的中でやめることにしました。
堅実にものにしていきます。
$20.8をゲットし、所持金は$206.95に。+$6.95です。
なんか、ギャンブルの画像ばかりで、まったくスロットっぽくないですね笑

アイリッシュラック 20スピン
そして、20スピン目。

金の壺が2つそろって、リーチ!初リーチですよ!

アイリッシュラック ボーナス
4つ揃いました!

ボーナスゲット!

5つの中から2つを選び、フリーゲームの回数とマルチプライヤーの倍率が決定されます。
まず1つ目は15の追加フリーゲームです。次はマルチプライヤーの倍率を上げたいですね。

アイリッシュラック ボーナス
5倍を引き当てました。右端にしておけば8倍でしたが、でも23回のフリーゲームと7倍のマルチプライヤーで、かなり良い結果が期待できます。

フリーゲーム中は常にマルチプライヤー7倍。そして、この真ん中のお姉さんワイルドが出ると賞金がさらに2倍になるので、実質14倍!最高ですね。

5カード
この5カードも1撃$106.4の大当たりです。

配当総額
賞金合計額は$216.9でした。ものの5分程度で所持金が倍以上になりました。

金貨が出てくる出てくる!
しばらく止まりませんでした!
嬉しいですね。
所持金$420.85まで増加しました。
そこから13スピンを行い、ギャンブルもあまり成功せず、流れが悪いと判断し、今回はここで止めて出金することにしました。

残った所持金$401.9を全額引き出し申請します。

カスタマー
すると、ジパングカジノのカスタマーサポートからメールが来ました。
入金した金額と同じ金額分賭けないと出金できなかったのを完全に忘れていました。

そういえば、誕生日ボーナスをもらった時も同じことを言ってましたね。
現在、アイリッシュラックを1スピン$1.5で33回転しているので、使った金額は$49.5です。

残り$150.5を$1.5で回す場合、あと101スピン必要です。

パンサームーン
同じ機種でも良かったのですが、パンサームーンにすることにしました。
ギャンブルが4択のタイプなので、また違った面白さがあると思ったからです。

アイリッシュラックとは打って変わって、夜のジャングルを思わせる、渋いスロットです。
こちらもベット額を$1.5にしました。

ギャンブル機能
5スピン目で$3の賞金が発生して、1回目のギャンブル。ディーラーは2。最弱のカードです。負けはなくなりました。

パンサームーン ギャンブル
左から2番目を選んで、勝利。1回で止めることにしました。
このタイプのギャンブルはディーラーのカードが2の様に最弱の時もあれば、Aが出て、勝てない場合もあります。深追いは禁物な気がします。

その後、100%負けの状況や、A以外では勝てない状況で勝ったりもしました。
こちらのギャンブルは選択肢が多い分、迷いますが、勝った時の喜びが大きいですね。
無事に101スピン終了し、所持金を出金することにしました。

ジパング 出金
所持金$377.3
パンサームーンでフリースピンが1度も出ませんでしたが、ギャンブルで勝つことができ、ほとんど減らすことなく$200ベット完了できました。

ペイトラ 履歴
今度は審査も通り、引き出しできるようです。
申請から送金までかなりスピーディーに進み、ペイトラにログインしてみるとちゃんと$377.3が入金されています。

ご覧いただければわかりますが、今回、15時頃にジパングカジノに入金し、18時には出金完了しています。
$200が$377.3になって戻ってきました。数時間でこれだけ稼げれば上等なのではないでしょうか。

ペイトラ 銀行
さらにペイトラから私の銀行口座に引き出します。ペイトラ内に少しだけ残高があったので、それを合わせて$380を出金したいと思います。
予め登録してある銀行口座に振り込んでもらうように申請します。

この画面になって、しばらく待っていると、5分もしないうちにペイトラからの引き出しは完了。

口座を見てみると40.648円、振り込まれていました。
プレイした日のレートでは$380は41,800円ほどでしたが、引き出し手数料が引かれているのでしょうね。

結果

ジパングカジノ 収支
ギャンブル機能の勝率は、アイリッシュラックが17回中、9勝8敗、勝率52.94%。パンサームーンが36回中、23勝、13敗、勝率63.89%でした。
ゲーム収支を見てみましょう。

フリーゲームもカウントに入っているため、アイリッシュラックの平均ベット額が$1.5ではなくなっていますが、スロットではアイリッシュラックが+$207.15、パンサームーンでは-$61.6という結果に。
ギャンブル機能をみてみると、アイリッシュラックは勝率は50%を超えていましたが、大きな金額のギャンブルで負けた影響か、収支は-$5.25。パンサームーンは+$37でした。

スロットはただ回すだけだとつまらないと感じる時もありますが、今回のようにギャンブルに挑戦するとまた違った面白さがありますね。連勝を重ねるとかなりドキドキしますし、楽しかったです。
テーブルゲームだけではなく、スロットもどんどんプレイしていきたいなと思います。
ありがとうございました。

ジパングカジノ公式サイトはこちら

【修正版】ジパングカジノ

オンカジ実践記カテゴリの最新記事