アイキャッチ

限定ボーナスバナー

スロットだけでなく、テーブルゲームにも豊富なラインナップが揃っているジョイカジノで『CRIBBAGE(クリベッジ)』というゲームを発見。

クリベッジ00

もしかしたら「マーチンゲール法」にもってこいのゲームかもしれません。
しかもジョイカジノは当サイトから登録すると限定ボーナスで入金不要な$40が貰えますのでおすすめなサイトです。

■マーチンゲール法とは?

最も有名なシステムベットの一つで、達成できれば必ず勝てます。

やり方は簡単で、負けたら次のゲームは倍額をベットします。
次も負けたら更に倍を賭けます。
それを勝つまで続ければ、勝った時には必ずそれまで賭けた金額より多くの払い戻しを受ける事が出来るという仕組みです。

多少連敗する事はあっても、永遠に負け続ける事はないという前提で成り立っているわけです。
理論上は絶対に負けないシステムですが、現実は甘くありません。

連敗すれば賭金は倍々で増えていくので、あっという間に高額になります。
そこでテーブルリミットと所持金の限界という二つの問題が発生し、ミッションの達成が出来なくなってしまうのです。
その時はかなり高額の損失を覚悟しなければなりません。

このマーチンゲール法のようなシステムベットを使ってギャンブルをする事に対して、僕はあまり積極的な考えを持っていません。
今回、挑戦してみようと思ったのは「クリベッジ」を知ったからです。
「バカラ」や「ルーレット」で試される事の多い「マーチンゲール法」を「クリベッジ」で試してみたくなったのです。

■クリベッジとは?

カードを使った英国などではポピュラーなパブゲームです。
オンラインカジノでは、その点数の数え方を使って独自のアレンジをしたゲームになっています。

クリ01

画面の上部の4枚がディラーの手札、下のカードがプレイヤーの手札で、左側の一枚(この場合はダイヤの3)はクリブカード(共通カードのようなもの?)です。
双方が手持ちの4枚とクリブカードを使ってクリベッジの「役」を作り、ポイントを競います。
上の画像では4対4の引き分けなのでPUSHとなり、賭け金はそのまま戻ってきます。

■クリベッジの役とポイント

  • 15-フィフティーン:足して「15」になる数字の組み合わせがあれば2ポイント。複数の組み合わせがあればその数だけ加算。
  • ストレート:1、2、3…のように連続した数字3枚で3ポイント、4枚で4ポイント、共通カードを含めて5枚になれば5ポイント。
  • フラッシュ:同じスートが4枚で4ポイント、クリブカードを含めて5枚なら5ポイント。
  • ペア:同じ数字のペアが2ポイント。スリーカードは6ポイント、フォーカードは12ポイント。
  • ヒズ・ノブ:クリブカードに「J」が出るとディラーに2ポイント入り、プレイヤーには入りません。ルーレットの「0」のように若干バンカーが有利な条件になっているのでしょう。

今回、ディーラーは「9」のペアで2ポイント、「J」「2」とクリブカードの「3」でフィフティーンとなり2ポイント、合計4ポイントになります。
勝てば2倍の払い戻しです。

ポイントの仕組みは知っていた方がゲームを楽しめますが、自動で計算されてすぐに勝敗が表示されるので、全く知らなくても問題なくプレイできます。
賭け金を決めて、DEALをクリックするだけです。

■実践

クリ02

ジョイカジノは日本円でのプレイができるので、最低ベット額の\50のチップを選択しました。
ベット額の上限は\10,000です。
円でプレイできるのは、日本人にとっては収支の実感がリアルになってありがたいです。

クリ03

ディーラーの得点が6、プレイヤーが5で敗北です。

右側に「REBET」「REBET×2」「NEW BET」のボタンが表示されます。
「REBET×2」を押せば、前のゲーム賭けた金額の倍がベットされるわけです。

マーチンゲール法でプレイするには、とても便利な機能です。
実は、このボタンがあるから「マーチンゲール法」を試してみたくなったのです。

クリ04

クリ05

「REBET×2」を押して\100をベットし、2対5で勝利、\200の払い戻しを得られました。
この2ゲームで\150を賭けて、\200を得たので収支は+\50ということになります。

これを繰り返して収支を加算していこうというのがマーチンゲール法の仕組みです。
もっと負けが重なった場合はどうなるでしょうか?

マーチンゲール表

今回の場合、8連敗すると次回のベット額が\12800になってしまい最高賭金の\10000を超えてしまうので、マーチンゲール法は破綻します。
ちなみに7連敗した後、次で勝てば\12800の払い戻しになるので収支は+\50となります。

この例で分かるようにマーチンゲール法は達成し続ければ、初期ベット額(この場合は\50)分だけ収支がプラスになっていきますが、破綻すると一気に多額の損失を出してしまうのです。

マーチンゲール法に限らず、たいていのシステムベットはチマチマと勝ちを積み上げる方式だという印象を持っています。
それがシステムベットに、あまり興味を持てない理由なのですが…。

しかし、要は8連敗しなければいいだけの話です。
バカラやブラックジャック、ルーレットの赤黒などで8連敗は、そう珍しい事ではないと感じています。
(自分の勝負勘の悪さのせいもありますが…)

この「クリベッジ」ではどうなのか、それを探ってみます。

■結果発表

クリ・グラフ

グラフを見て貰えば一目瞭然。
負けました。

186ゲームまでは順調に勝っていたのですが、そこから引き分けを挟んでの9連敗。
196戦89勝88敗19引き分け
収支-\18300

最後のゲームでは、やけになって最高ベット額\10000を賭けて負けるという大失態。

その前の負けでマーチンゲール法の破綻は確定だったので、止めていれば損失は\8300だったのですが、つい熱くなってしまいました。

■マーチンゲール法の活用

クリ・グラフ02a

試行錯誤の結果、上のグラフのような結果も出すことができました。
200戦87勝80敗33引き分け
収支+\7200

この時は最初のベット額を\100にしています。
勝てば$100ずつ加算されるので収支の伸びは加速されますが、7連敗したら破綻してしまいます。

そこで4連敗して賭金が\1600になった時には、ゲームの流れやその時の収支の状況を考え、勝負をするかどうかを判断する事にしたのです。
グラフの87ゲーム目と115ゲーム目に一回落ち込んだ収支が持ち直しているのは、\1600ベットで勝利した場面です。

後半156ゲーム目でも4連敗して賭金が\1600になったのですが、3回連続して上手くいくはずがないと思い勝負を断念し、ベット額を最初の\100に戻しました。
次のゲームは負けたので損失を少なくし、その後再び収支を上昇ラインに乗せる事ができたわけです。

これは「損切り」と言われる手法らしいのですが、「何連敗」したら断念するという風に決めてしまうのでなく、最後は「勘」だよりにしました。
もちろん勘が外れて痛い目に合う事も沢山ありましたが、その方がギャンブルを楽しめますから。

ゲームがサクサクと進んで「勝ち」と「負け」に大きな偏りが出にくいというのが、このゲームの個人的な印象です。
マーチンゲール法のようなシステムベットを楽しむには最適かもしれません。

joycasino