FRアイキャッチ

FAT RABBITのスペック

ゲーム名FAT RABBIT
ジャンルビデオスロット
ソフトウェアPUSH GAMING
リール横5×縦5
コインバリュー-
ラインベット-
ペイライン数50
ジャックポット-
オートプレー
高速スピン-
ギャンブル機能-

PUSH GAMING社製ビデオスロット『FAT RABBIT(ファットラビット)』。
ペイアウト率は96.45%。
波が荒く爆裂機ばかりをリリースしているPUSH GAMINGの台の例に漏れず、強烈な爆発力を秘めた機種になっています。
本記事ではFAT RABBITのスペックやレビューを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ワンポイントアドバイス
今回はベラジョンカジノ実戦での値で、ベット額は$0.5~$200で12段階で設定可能です。カジノによって最低、最高ベット額が異なる場合もあります。

FAT RABBITのペイテーブル

FAT RABBITペイテーブル
写真の配当は$1ベット時の値で表示されており、ベット額を変更した際には値が変化します。
FAT RABBITワイルド
ラビット図柄とワイルドキャロット図柄の2種類のワイルド図柄が存在しています。
ラビット図柄は全ての図柄に代用可能で、キャロット図柄はラビット図柄を除く全ての図柄の代わりとなります。

FAT RABBITのペイライン

FAT RABBITペイライン
FAT RABBITペイライン2
ペイライン数は50。
配当は、図柄が左から右に連続で停止した際に支払われます。

FAT RABBITの独自仕様

収穫フィーチャー

FAT RABBIT収穫フィーチャー
通常スピン変動開始時限定で、トラクターが画面を横切ると収穫フィーチャーのチャンスです。
FAT RABBIT収穫フィーチャー2
FAT RABBIT収穫フィーチャー3
横切った後に上から下にトラクターが走り抜けると収穫フィーチャー確定となります。
トラクターがランダムな個数のワイルドキャロット図柄を付与します。

ワンポイントレビュー
収穫フィーチャーのワイルドの個数はかなり振り幅が大きいので、過度の期待は禁物です。

FAT RABBITのフリースピン

フリースピン突入条件

FAT RABBITフリースピン
第1リールにラビット図柄が停止している状態で、2~5リールにワイルドキャロット図柄が1つ以上停止するとフリースピン突入します。

フリースピンの仕様

キャロットメーター

FAT RABBITフリースピン2
フリースピンに突入すると、リールの右側にキャロットメーターが追加されます。
FAT RABBITフリースピン3
フリースピン中にキャロット図柄が停止すると、ラビット図柄がキャロット図柄のマスに移動して食べてしまいます。
キャロット図柄を1つ食べるとキャロットメーターが1ポイント追加されて、規定ポイントに到達する事で、ゲーム数の上乗せとラビットワイルドの巨大化となります。

キャロットポイントラビットのサイズ累計フリースピン数
1~3ポイント1マス5ゲーム
4~8ポイント2×2マス8ゲーム
9~13ポイント3×3マス10ゲーム
14~16ポイント4×4マス12ゲーム
17ポイント5×5マス13ゲーム
ワンポイントレビュー
前半は全く出玉性能がありませんが、9ポイント以降は毎ゲーム高確率でBIGWINを叩き出す爆裂機へと変化します。

FAT RABBITのレビュー

本機種はメリハリが効いていて出ない時はとことん出ないことも。
その反面、キャロットポイントを一定以上貯めた時の爆発力と爽快感はかなりのものです。
これまでのPUSH GAMINGの機種と同様に出玉の盛り上げ以外は淡泊な作りなので、ゲーム性重視で遊ぶ方には退屈かもしれませんが、一発逆転を狙っている時やガツンと一撃出したいプレイヤーにオススメの機種となっています。

FAT RABBITのおすすめ動画

FAT RABBITをプレイできるオンラインカジノサイト