ジャンボリーアイキャッチ

限定ボーナスバナー

どもっしゅ! かかしさんです。
昨日、いくら梅雨寒があろうともう冬服の出番はないと思い、それを全部しまい込み、夏服と完全に入れ替えたところ、出した服がカビておりました。

カー公
お前、この前もパンをやらかせていたし、家でかびるんるんでも飼ってるのかなんだぜ

挿絵1 (1)

うーむむむ、洗濯の仕方が甘いのかな~?

こんな感じでプチショックな出来事がありまして、ジパンググループのコロナに打ち勝てプロジェクトの$100が貰えないと心が辛いな~ってことで、

ジャンボリー公式

今回はジャンボリーです。
入金は$100。
これからプレイすれば、向こう1ヶ月分(今後も続けば)の$100ゲットチャンス権利を新たに獲得っしゅ。

カー公
貰えるといいな

人間は希望があれば生きていけるのだッ!
ちなみに、

JB00_2

日々当選者が発表されておりますが、ぼくは下3桁すらこれまで合致しておりません。

カー公
まぁ、顧客は多いし、当たればラッキーな心構えでいるのが一番なんだぜ

では、天からの贈り物である$100を夢見つつ、

JB01_1

HONEY HONEY HONEY! というマシンを回していきます。
スロットではハチミツ、ミツバチをモチーフにしたのが多い気がしますが何故なのでしょう?
まぁ、海外ではお茶と言えば中にたっぷりの砂糖やハチミツを入れて飲むのが多いそうなので、馴染みが深いのも当然なのかもしれません。

そんな他に比べてハチミツ教への信仰力が乏しいぼくがプレイしてはいけなかったのか、

JB01_2

いきなりの洗礼。
100スピンで何の見せ場もなし…これは酷い。

JB01_5

海外のセンスではどうしても巻きグソと化してしまう悲運の絵柄「ハチの巣」がボーナスなんですけども、テンパイすると

JB01_6

じわじわっとフォーカスされるのが面白いです。
わざわざこんなことをするなんて、ボーナスのパワーがとても大きいマシンなのかしら?
ならば当りが遠くても当然なのかも。

そんなまだ見ぬボーナスに思いを馳せつつ、次の100スピンへ。
しかし、ここでやらかしてしまいました。
この100スピン中に一撃$45のビッグウィンがあったのですが、上手くキャプれず。

カー公
ハイ、減点5! 累積100点で今回のギャラナシなんだぜ

………(コイツは他人がミスするとイキイキするタイプだよな)。

でも、ご安心ください。

JB01_7

200スピンまでにはキッチリ減っていたので、キャプチャミスのペナルティとしては充分でしょう(泣)。
仕事は注意深くこなしましょうということね、これは。

とまぁ、本日唯一のヤレたポイントを逃したのかとめっちゃ焦りましたが、

JB01_10

画面が右にスライドして

JB01_11

HIVE ALIVEというものに突入!
さっきの$45はここから頑張ったんです。
まぁ、いきなり100倍超も出るんだから、これも重そうなんですよね。

JB01_12

3つの働き蜂の中から

JB01_13

一つを選ぶというよくあるやつでござりんす。

JB01_14

隣のBONUSが良かったなぁ。

JB01_15

な~んて思っていたら、WILD絵柄がモリモリ運ばれてきて

JB01_16

あら、素敵。
WILDの個数、並び、そしてWILD以外の絵柄次第では大化けもありますね、これは。

JB01_17

お次のHONEY WILDも…

JB01_18

WILDの数は充分でしたが、配置に恵まれませんでした。
なお、HIVE ALIVEではいくつかの機能へと繋がりますが、このHONEY WILDSの一番出現頻度が高いかと。

文句ナシで弱いのは5 OF A KIND。

JB01_21
必ず何らかの5 OF A KINDが揃うのですが、1ライン分しか確認しておりませんで、もし、1ライン限定となれば大きく跳ねる可能性はゼロですから、残尿感は推して知るべしなのであります。

この後は、それまでの不調を取り返すが如くHIVE ALIVEに当りまくるのですが、先にHIVE ALIVEで選ばれる可能性のある機能を紹介していきましょう。
JB01_22

WIN SPINSは読んで文字の如く、当りが確定する…はず。
何しろ1回しか出ませんでしたので。

JB01_23

ただ、その1回は左3×3が全部WILDで埋まり、

JB01_24

この破壊力!
選択率が低いだけのことはあります。

JB01_30
STICKY STREAKは

JB01_31

まずどこかのラインに入賞が発生します。
あ、プレイしていたら何故かドンドンとキャプチャ範囲がずれてしまいました。
お見苦しいですが、予めご了承ください。

カー公
ハイ、さらに減点5!

いや、ハチミツの神様が興奮してこういう不思議現象が起きちゃったんだよ。
だから、ぼくの責任じゃあない。

カー公
反省の色ナシ。減点10追加なんだぜ!

………(コイツは後で焼き鳥にして食ってやる)。

JB01_32

で、成立した分は固定されたままリスピンに発展し、枠内に1つでも出現すれば同様のアクションを繰り返していきます。

JB01_33

上手くいくとこんな感じ。
これまたドリームがあるタイプです。

以上で、HIVE ALIVEでの発展パターンはボーナスを除き全部だと思いますが、
JB01_41

HONEY WILDSでは

JB01_42

終了後に

JB01_43

さらにRESPINが発生し、

JB01_44

倍プッシュ!なんてこともありました。

挿絵2 (1)

全てに追撃機能があるとすれば、期待感はもう無限大です。

通常時からは

JB01_45

ビッグウィンに相当するものはこれ一つでした。
ちょっと寂しいですね。
とにかくHIVE ALIVE頼みと頭に入れてプレイするのが良いでしょう。

そして、今日の問題はボーナス。
え~、ここまで非常に調子良く事が進んでおりますが、

JB01_60

1400スピンもプレイしているのにボーナスが一向に来る気配がありません。
そんなに破壊力があるのか、これ?
まぁ、スロットあるあるとしては、あまりに当たらないから諦めて、後日何気なく始めるとたったの数スピンで当たっちゃうというのがありますが、コイツもその口かな?

JB01_61

などと考えつつこれでラストの100スピンと覚悟したら当たりました。
うぇえええい!
やったぜぇ、これで気分良く終われるぅッ!!

JB01_62

って、ボーナスも選択式かよっ!
2回も当ててられねーぞ、こんな重いの!
吐き気を催すほどの邪悪っぷりですが、この2択は外せません。
どっちの方がやれるのか…図らずしてぼくのスロットセンスが問われる瞬間となりました。

JB01_63

HIVE ALIVEでのSTICKY STREAKの威を考えれば、左しかなかろうもんもんもーーーーーーーーーん!

JB01_64

同じSTREAKでもボーナス中は少し塩梅が変わっていて、センターにブチ抜きWILDが常設される代わりに当りが約束されるわけではなくなっているのですが、やることは一緒。
ひたすらリスピンを繰り返して、綿菓子のように当りを大きくのが目的です。

JB01_65

この際10でも構わん。
とにかくグルグルグルグルすれば問題なしです。

JB01_66

ふぅ~。
これだけ出れば文句はありませんね。
あとはトータル1500スピンを目指して終了としましょう。

JB01_67

ほえ? 
通算1490スピンめにもう一回来ました…今までのクソハマリは何だったんだい?

JB01_68

こういったインチキくさい挙動をするのがPRAGMATIC PLAY社製マシンならではとも言えるので受け入れるしかありません。
不思議とそのうち慣れちゃうしね。
でも、これで残る右側の巨大アクティブシンボル機能も確認できるので、仕事としては文句のつけようがないってことで一つ何卒。

カー公
キャプチャはズレちゃっているけどなー

はいはいはい、ぼくが悪かったよ。
うるさいなぁ、もう!

JB01_69

あー、巨大シンボルってこれかぁ…他の機種でも見掛けるヤツでございますわね。
安定感はこっちの方がありそうだけど、ぼくは破壊力のロマンがたっぷり詰まった左が好みです。

JB01_70

50倍も出れば文句はありませんけど。

そんなわけで、一通り確認できたため、機種紹介としては完璧な流れで終了。

JB50_1

気分良く+$122.04で上がります。

HONEY HONEY HONEY! は
HIVE ALIVEとボーナスの左!

これを合言葉に頑張ってくださいね。

ジャンボリー公式
最速支払い!リアルを追求したオンラインカジノ
2020年にプレイテック社以外のプロバイダを導入しハイブリットカジノサイトとして生まれ変わったカジノジャンボリー。
その最大の長所は業界最速とも謳われる出金速度。
これによりランドカジノと遜色のないプレイ感を実現し、多くのカジノユーザーを魅了しています。

リアル志向のオンラインカジノファンの方は、今すぐカジノジャンボリーで遊びましょう!