WILD APEアイキャッチ

iSoftBet社製ビデオスロットで、ゴリラや野生動物たちが活躍する『WILD APE(ワイルドエイプ)』。
本記事ではWILD APEのスペックやレビューを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

WILD APEのスペック

ゲーム名WILD APE
ジャンルビデオスロット
ソフトウェアiSoftBet
リール横5×縦3~横5×縦4
コインバリュー0.01~1.00
ラインベット-
ペイライン数20~40
ジャックポット-
オートプレー
ターボモード
ギャンブル機能-

ペイアウト率は96.01%です。

ワンポイントアドバイス
ベット額は$0.20~$20の8段階で設定可能です。カジノによって最低、最高ベット額が異なる場合もあります。
※本記事で紹介する値はベラジョンカジノ計測値となります。

WILD APEのペイテーブル

WILD APEペイテーブル
ワイルド図柄はワイルドエイプリスピンとフリースピン中にのみ存在し、全ての図柄の代わりになります。
スキャッターは通常スピン時限定で1・3・5リールにのみ出現します。

WILD APEペイテーブル2

画像の配当はコイン表示となります。
$換算で考える場合は、コインバリューに報酬を乗算してください。

WILD APEのペイライン

通常スピン時(20ライン)

WILD APEペイライン

通常スピン時のペイライン数は20です。

特殊条件達成時(40ラインに増加)

WILD APEペイライン2
WILD APEペイライン3

ワイルドエイプリスピン、フリースピン中はペイライン数が増加して40ラインになります。

WILD APEの独自仕様

ワイルドエイプリスピン

WILD APEワイルドエイプリスピン

通常スピン時にコング図柄が離接して9個以上停止すると3ゲームのワイルドエイプリスピンに突入です。

ワンポイントアドバイス
1・2・5リールに3個ずつ停止した場合は、隣接していないのでワイルドエイプリスピンには突入しません。

WILD APEワイルドエイプリスピン2

当スピン中はコング図柄がワイルド図柄に変化するだけでなく、縦リールが1列追加されペイライン数が40ラインに増加します。

ワンポイントレビュー
コング図柄が全てワイルド図柄に変化しているので、当スピン中は小役成立の大チャンスです。

WILD APEのフリースピン

フリースピン突入条件

WILD APEフリースピン

スキャッターが1+3+5リールに停止するとフリースピンに突入します。

フリースピンの仕様

WILD APEフリースピン2

フリースピン開始前にルーレットで、初期ゲーム数と付与されるワイルド図柄の数を決定します。
ゲーム数は6・8・10・12・15・20ゲーム。
付与されるワイルド図柄は10・15・20・30・40・50個から決定されます。

WILD APEフリースピン3

フリースピン中もワイルドエイプリスピンと同様に縦のリールが1マス増加し、ペイライン数が40ラインに変化しています。

ワンポイントレビュー
ワイルドエイプリスピンと違ってコング図柄が残っているので、一撃の爆発力はフリースピンの方が高くなっています。

WILD APEのレビュー

フリースピン、ワイルドエイプリスピン共に決して軽くありませんが、爆発力は折り紙付きです。
特にフリースピンでワイルド図柄の追加の40個以上を引けた際は激アツで、本機種一番の見どころとなっています。
コイン持ちはやや悪いですが、一撃の爆発力が魅力なため爆裂機が好きな方におすすめの機種です。

WILD APEのおすすめ動画

WILD APEをプレイできるオンラインカジノサイト