リアルカジノには一生行かないーオンラインカジノ事始め・1

リアルカジノには一生行かないーオンラインカジノ事始め・1

大きな荷物を持って歩くのは嫌いです。だから遠くへ旅行は行けません。海外なんて当然、無理。なので、きっと一生リアルなカジノには行きません。近所にオープンすれば別なのですが、自分が生きているうちに、日本にカジノが出来る可能性は少ないように思います。なので、オンラインカジノとやらを試してみようと思いたったわけです。
777babyカジノを試してみます。安易ですけど、777の並びに何となく惹きつけられてしまいました。無料プレーというのがあります。初心者としては大変ありがたい。
これも安易ですが、カジノといえばルーレットというイメージがあって、まずはルーレットをと、思ったのですが、ルーレットにも幾つか種類があります。
とりあえず気になったのは
『ヨーロピアンルーレット』と『3Dルーレットプレミアム』
7.1ルーレットブログ7.2ルーレットブログ

上が『ヨーロピアンルーレット』下が『3Dルーレットプレミアム』です。
何となく雰囲気が違いますが基本的な遊び方は変わらないようです。チップの金額が違ったりしていますが、細かい金額を賭けたい人と大きく勝負したい人とかがいるからでしょうか? それもチップの枚数で加減すればいい気がします。少しプレイしてみると、『ヨーロピアンルーレット』の方は渋い男性の声が日本語でガイドしてくれます。一方『3Dルーレットプレミアム』の方は英語の女性です。やはり日本語の方が安心感があります。が、迷わず『3Dルーレットプレミアム』を選択。気分の問題です。単純に女性の声のほうが気持ちいいというのもありますが、英語の方が海外のカジノ気分になれるかなと思ったわけです。
遊び方は簡単そうです。チップを選択して、賭けたい場所をクリック。グリーンのボタンをクリックするとルーレットが回転します。まずは、適当な数字に最小金額の0.25ドルのチップを賭けてルーレットスタート。何回かやってみましたが、まったく当たらない。まあ、0から36までのマスがあるので、そうそう当たらないとは思うのですが、悔しいことに外れる時は、なぜか自分の賭けた数字の隣とか、なんだか惜しい所に当たってる気がします。勿論、それは単なる偶然で惜しくもなんともない事は分かっているのですが、やはり近い数字が当たると「惜しい!」と思ってしまう自分がいます。
真剣に勝ちたくなったので、落ち着いてゲーム画面を見ると、数字に賭けるだけでなく、「偶数と奇数」、「赤と黒」、「最初の12」「2番目の12」「3番目の12」、「1~18」「19~36」等々といった賭け方があります。
「赤・黒」や「偶数、奇数」なら、単純に二分の一の確立で勝てるわけです。
これなら勝てるだろうと、「黒」にチップを置き、勝負です。勝ちました! 調子に乗ってもう一回「黒」。また勝ちました。そんな感じで5連勝。
ちなみに一度ベットすると、敢えて動かさない限り、その情報は継続されるらしく、同じ場所に賭けるのなら、いちいちチップを置きなおさなくても、ただルーレットを回し続けるだけで、どんどんゲームは続けられます。
結局、ずっと「黒」に賭けたまま、カチカチ遊んでいて、ふと気になった事がありました。
3.3ルーレットブログ
「黒」の升目にカーソルを合わせると「支払い:イーブン」の文字が! 「イーブン」ってどういう事!? もしかしたら、1ドル賭けたら、1ドル戻ってくるという事? だとすると勝ったときは1ドル払って、1ドル戻る。つまりプラスマイナスゼロという事になります。どれだけ勝っても、持ち金は増えず、負けた分だけ減っていくわけです。そんな理不尽な事があるだろうか?
そう思ってキャッシャーの金額を注意しながらプレーしてみます。思えば、いかに無料のお試しだとはいえ、まったく金額を気にしていなかったのは、愚かとしか言いようがない。実際にリアルに勝負する事を想定しなければ試す意味がありません。
やはり、私は愚かでした。「支払い:イーブン」というのは、掛け金はそのままで、賭けた金額と同じ額が戻ってくるという事が、すぐに判明しました。つまり、1ドル賭けて勝ち続ければ1ドルずつ持ち金が増えていくというわけです。そりゃぁ、そうですよね。初心者とはいえ、自分の愚かさに深く落ち込みます。
落ち込みついでに、ちょっと冷静にゲーム画面を観察してみました。
2.2ルーレットブログ
1.1ルーレットブログ
一見同じように見える二つの画像ですが、違いがあります。分かるでしょうか?
奇数を選択した場合と偶数を選択した時の画面の違いです。選択した方の数字が全て白く光ったようになります。つまり、どれが奇数でどれが偶数かが一目瞭然というわけです。まあ、偶数と奇数ぐらいは、ここまで親切に教えてもらわなくても、分かるのですが、この辺りはリアルカジノと違う、オンラインならではの演出と言えなくもない気がします。ちなみに「偶数・奇数」も支払いはイーブンです。これも、「赤・黒」と一緒でほぼ二分の一の確立なので、当然ですね。
ここで、さっき「赤・黒」の時、「単純に二分の一の確立」と書いた私が、今度は「ほぼ二分の一の確立」と表記した事にお気づきでしょうか?
私は「0」の存在に気づいたのです。0は偶数にも奇数にも含まれず、更に赤にも黒にも含まれていない。つまり「偶数・奇数」も「赤・黒」も厳密には二分の一の確立ではないのです。
きっと、こんな事は常識以前の知識なのでしょうが、超初心者の私には、そこそこの発見でした。こうして人は成長していくのかもしれません。
一度、支払いの金額を気にしてしまうと、賭け方がちょっと変わってきます。
4.4ルーレットブログ
単体の数字に25ドルをベットすると、勝てば900ドルが得られるようです。(ちなみに賭ける事をベットと言うようです。これからは初心者脱却の為にも、この表記を多用する事にしました)
ここは大きく勝負してみようと思いました。私を成長させてくれた「0」に25ドルをベット! なんだか「0」は他の数字とは扱いが違う感じがするので、きっと簡単には出ないのかもしれない、などと思いながらルーレットを回していると、なんと6回めの回転で、当たりました。ちょっとテンションが上がってしまって、その時の画像を撮れなかったので、証拠はないのですが、本当です。確かに私は900ドルをゲットしたのです。
多少、ハズレが続いたとしても、一度の勝負で900ドルを得られるのであれば、意外と勝てるんじゃないの? と安易に思ってしまう私は、やはり愚かなのだろうか?
複雑な思考が苦手な私は競馬などでも、無謀な一点買いをする事が多く、今回も一点ベットにしてみたのですが、小額チップを複数の数字にベットしたり、支払い率によってベットするチップの枚数を変えたり、勝率を上げる方法は色々とありそうな気がします。きっとベテランの方々には、そういった必勝法的なものがあるに違いありません。ですが、私は一歩一歩、自分なりのやり方で成長していきたい。例え遠回りでも、自分の足で歩いていきたいのです。
そんなことを考えながら、プレーしていると、あっという間に時間が過ぎていきます。当然、勝ったり負けたり、負けたりの繰り返しです。途中から、ちょっとテンションが上がって正確な収支はわからなくなってしまったのですが、そこそこ勝っている印象です。
5.5
これは「3倍配当」に25ドルをベットして、75ドルをゲットした勝利画面です。この賭け方なら、そこそこ当たるし、支払い率も悪くない気がしました。単に運が良かっただけかな?
とりあえず、初体験の『3Dルーレットプレミアム』。結構、楽しめました。多分、リアルなカジノに行くより、自分のペースで遊べるオンラインの方が、自分には合っている気がします。万が一、リアルなカジノに行くような事があったにしても、ここでの経験はきっと役に立つに違いありません。
ルーレットだけでなく、他にもたくさんのゲームがあるようなので、まずは色々と試してみたいと思います。

ブログカテゴリの最新記事