他のギャンブルとの違い

みなさんは「ギャンブル」と聞いて何を思い浮かべますか?競馬、パチンコ、宝くじ等、日本にも様々なギャンブルが存在しています。
それぞれのペイアウト率について見てみると、宝くじは公式HPで47.0%と発表されています。(平成27年度)
競馬やパチンコは公表されてはいませんが、競馬で70%程度、パチンコで80%程度と言われています。
宝くじのペイアウト率の低さに驚かれた方もいるでしょう。
宝くじは収益金の約40%を公共事業等に使っているとはいえ、当選者への払戻しは収益の半分以下。
ペイアウト率47.0%ということは、仮に10,000円で宝くじを購入しても平均で4,700円しか戻って来ないということになります。
実際に100万円分の宝くじを勝って結果を検証している人もいますので、動画を貼り付けておきます。 


では、オンラインカジノではどうでしょうか。オンラインカジノのペイアウト率は95%~97%といったところです。
これが何を意味するのか。勘のいい方ならおわかりですね。
他のギャンブルに比べてペイアウト率が圧倒的に高いということ、つまり勝てる可能性が高いということなのです。
カジノ側が公表しているペイアウト率は全てのプレイヤーの収支の平均です。
ペイアウト率が100%を超えている人もいれば90%やそれ以下の人もいる。その平均が95%~97%なのです。
また、ペイアウト率が高いということはたとえ負けたとしても少ない損失で済むという考え方もできます。
ペイアウト率が95%の時、日本円で10,000円賭けたとすると、9,500円払い戻される計算になります。
少ないリスクでゲームを楽しめるオンラインカジノはギャンブル初心者にも適していると言えます。