クラップスのルール&攻略法

クラップス

クラップスは日本ではあまり馴染みがありませんが、海外のカジノではポピュラーで人気のあるゲームです。
しかし、カジノでサイコロをメインに使ったゲームの代表格と言えるかもしれません。

このカジノゲームはゲームの進行や、賭け方に独特のルールがあるので、慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、基本は2つのサイコロの出目を予想して賭けるという至ってシンプルなゲームです。

独特なルールについて解説するとクラップスでサイコロを振るのはディーラーではありません。
プレイヤーが交代で投げ手(シューター)の役割を務める事が最大の特徴であり、このゲームに多くのファンがいる理由でもあります。

これはサイコロの出目に対してカジノ側の作為がはたらいていない事を示す為で、シューターに特別な技術は必要ありません。
片手で常に他のプレイヤーに見える状態でシュートする等、最低限のルールを知っていれば問題なく誰でもシューターをつとめられます。
また、シューターは他のプレイヤーと全く同等で、有利にも不利にもなりません。
勿論、シューターの順番が回ってきても、パスすることもできます。

クラップスの基本的な流れ

クラップスでは、勝利条件を満たしたことを『パス』と呼びます。
シューターが勝つ(パス)か、負ける(ドントパス)か、を予想するゲームと捉えると理解しやすいかもしれません。

また、シューターがサイコロを振る一投目を『カムアウトロール』と呼びます。
カムアウトロールで二つのサイコロの目の合計が【7】【11】ならばシューターのパス。(ナチュラルウィン)
カムアウトロールで【2】【3】【12】が出ればシューターのドントパス。(クラップス)

ナチュラルウィン、もしくはクラップスが発生すれば、その時点で勝敗は決し、ゲームは終了です。

この5つの数字以外が出た場合、勝敗はつかずゲームは継続となります。
その際、一投目で出た出目はポイントとなります。

二投目以降ではポイントが出ればシューターの勝ち、【7】が出ればシューターの負け(セブンアウト)となり、どちらかの目が出るまでゲームは継続します。
例えばカムアウトロールで【4】が出た場合、【4】がポイントとなり、【4】か【7】が出るまでゲームが継続する事になります。

ゲーム開始から終了までの流れをシリーズと呼び、サイコロを振る一投毎をロールと呼びます
カムアウトロールで勝敗が付かなかった時、クラップスでは多くの場合、シリーズが継続されロール数が増える事でプレイヤーが利益を得るチャンスは多くなります。

クラップスの賭け方

カムアウトロールに対するベット方法

パスライン

画像1

シューターがパス(勝利)する事にベットする賭け方。
カムアウトロールではサイコロの目の合計が【7】か【11】の時に勝ちとなり、2投目以降はポイントが出れば勝ちとなり【7】が出れば負けとなります。
どのタイミングで勝利しても等倍の配当(2倍の払い戻し)になります。

ドントパス

画像2
シューターがドントパス(敗北)する事にベットする賭け方。
カムアウトロールでサイコロの目の合計が【2】か【3】の時に勝ちとなり、等倍の配当(2倍の払い戻し)を得られます。
【12】の時は引き分けとなり、賭け金は返却されます。
2投目以降はポイントが出れば負け、【7】が出れば勝ちとなります。

二投目以降の賭け方

カム

画像3

パスラインと同じくシューターが勝つ事にベットする賭け方で、唯一の違いは二投目以降のロールからベット可能になる事です。
配当は等倍(2倍の払い戻し)になります。

例えば三投目でカムにベットした場合、そのロールで【7】か【11】が出れば勝ちとなります。
そして、三投目の出目が、このベットに対する「ポイント」になり、それ以降は【7】が出て負けるか、ポイントが出て勝つまで、このベットは有効になります。

ドントカム

画像4

ドントカムはカムとは逆に、二投目以降のロールに対し、シューターが負ける事にベットする賭け方です。

以上の4つがクラップスの基本となる賭け方で、これを覚えていればクラップスを楽しめます。
ですが、クラップスには、これ以外にも様々な賭け方が用意されており、中にはプレイヤーにとって、メリットの多い賭け方も存在します

その他の賭け方

オッズベット

二投目以降のロールで「パスライン」「カム」もしくは「ドントパス」「ドントカム」へのベットに、更に資金を上乗せする賭け方です。

元のベットの横に分かるようにチップを置いてベットします。
追加した賭け金に対しては等倍の配当ではなく、確率的に計算された正しい期待値に応じて算出された配当が得られます。

つまりオッズベットに対してはカジノ側のハウスエッジがかかっていない事になります。
【4】で勝利すれば2倍、【5】なら1.5倍というように、元のベットより有利な比率での配当を受けられるわけです。

プレイヤーにとって大変有利な条件での賭けとなり、その為、元の賭け金の何倍までといったように、ベット金額の上限が定められている事が多いようです。

プレースベット

画像5

出目の数字に直接ベットする賭け方で、カムアウトロール以降、どのタイミングからでも賭けられます。
予想した数字が出れは勝ち、その前に【7】が出れば負けです。

数字の出現確率に対応した配当倍率が設定されており、【4】と【10】は1.5倍、【5】と【9】は1.4倍、【6】と【8】なら1.16倍になります。

ランドカジノではプレースベットに賭ける時、払い戻しに複雑な端数が出ないように【4】【5】【9】【10】なら5の倍数、【6】【8】へは6の倍数を賭ける事がマナーとされています。

端数が出ると切り捨てられてしまうので、プレイヤーにとって損になります。

ビッグ6

【6】が出る事にベットする賭け方で、どのタイミングからでも賭けられます。

ビッグ8

【8】が出る事にベットする賭け方で、どのタイミングからでも賭けられます。

画像6
この二つの賭け方は、プレースベットで【6】【8】に賭けるのと全く同じですが、配当は等倍にしかならず、プレイヤーにとってメリットの無い賭け方です。

ハードウェイ

画像7

二つのサイコロの合計ではなく、ゾロ目の組み合わせに賭ける賭け方です。
【2・2】【3・3】【4・4】【5・5】という選択肢がレイアウト上に用意されています。

配当は、各組み合わせの出現確率よって変わってきます。
【7】が出れば負けとなり、また、ゾロ目でない形で各組み合わせの合計値が出ても負けとなります。

例えば【4・4】にベットしていて、その組み合わせ以外の形【6・2】等で、合計【8】が出目になると負けになってしまいます

ここまでに紹介したベット方法はカムアウトロール以降、シリーズが継続している間は勝敗がつくまで有効となる事から、マルチロールベットと呼ばれています。
 

ワンロールベット

ワンロールベットは、カムアウトロール以降、どのロールからでもベット可能で、1ロールごとに勝敗が決し、シリーズが継続しても引き継がれる事のない「一発勝負」のベット方法です。

フィールドベット

画像8

【2】【3】【4】【9】【10】【11】【12】が出たら勝ち、それ以外が出たら負けです。
出現確率の低い【2】【12】で勝てば配当2倍、その他の数字の場合は等倍の配当になります。

エニーセブン

画像9

【7】が出れば勝ち、それ以外の数字なら負けで、払い戻しは5倍です。

クラップス

画像10

ゲームの名前であるクラップス【2】【3】【12】の、どれかの数字が出る事にベットする賭け方。
【2】か【12】で当たれば払い戻しは31倍、【3】なら16倍の払い戻しとなります。

エニークラップス

画像11

【2】【3】【12】なら、どの数字が来ても勝ちとなり、8倍の払い戻しを受けられます。 

クラップスにはこの他にもいくつかの賭け方がありますが、まずは知識として、ここまでに紹介したベット方法を知っていれば充分でしょう。
なかには『ビッグ6』『ビッグ8』のように明らかにプレイヤーにとって不利な賭け方もあり、実際にプレイする上で使用するものは限られています。
慣れないうちは、最も基本的な賭け方でプレイし、知識や経験が増えた後で、他のベット方法を試してみる事をお勧めします。

クラップスで使える戦術

基本戦略

様々なベット方法を紹介しましたが、クラップスでは『パスライン』もしくは『カム』へのベットが基本だと考えて良いでしょう。
実際のカジノのテーブルでは、たいていのプレイヤーが、この選択をします。

結果として、同じテーブルのプレイヤーのほとんどがシューターの勝利を期待して盛り上がる事になります。
いわば、カジノ側とプレイヤー一同との対決という構図になり、その様な一体感が生まれる事もクラップスの人気の一因となっています。

勿論、『ドントパス』や『ドントカム』に賭ける事が禁じられているわけではありませんが、かなり覚悟のいる選択と言えます。

二つのサイコロの数字の組み合わせは、以下のようになります。
画像12

つまり【7】が出る確率が一番高い事になります。
カムアウトロールで【7】が出ればシューター勝利となり「パスライン」へベットしていれば利益を得られます。

しかし、そこで勝敗がつかなければ、次のロールからは【7】が出れば負けです。
ドントパスへのベットは、単に勝率の面から考えれば、決して悪い選択ではありません。

ですが、クラップスというゲームの本当の面白さは二投目以降、シリーズが継続していく中で、様々な楽しみ方ができる事にあると言っても過言ではありません。
【7】が出て、シューター敗北でゲームが終了する事を願う「ドントパス」「ドントカム」へのベットは、同じテーブルでプレイする他のプレイヤーには歓迎されないでしょう。

オッズベットを有効活用

ハウスエッジのかからないオッズベットは、カジノの他のゲームと比較してもプレイヤーにとって極めてメリットの大きいベット方法です。
一つの勝利が、より大きな利益につながる可能性があるので、積極的な活用をお勧めします。

一発勝負のフィールドベット

状況によっては、フィールドベットは有効な戦略となるかもしれません。
【5】【6】【7】【8】以外の出目が来れば勝利となり、1ロール毎に勝敗が決します。
勝率約50%の賭けになりますが、うまく活用すれば、シリーズ継続中に、少しずつ利益を上乗せできるかもしれません。
【2】【12】で勝利すれば、2倍の配当を得られる事も魅力の一つです。

まとめ

クラップスは初心者にとっては、少し難解に感じられるゲームですが、実際にプレイしてみると、それほど難しいわけではなく、とても面白いゲームです。
プレイヤーの習熟度や好みによって、様々な楽しみ方ができます。
何よりも同じテーブルのプレイヤーが一体となって盛り上がるゲーム性は、他のカードでは、なかなか味わえないものです。
日本ではプレイできる機会はあまりないかもしれませんが、実際のカジノに行った時は試してみて欲しいゲームの一つです。

テーブルゲームならこちらの記事もおすすめ