ビデオポーカー|基本の役や遊び方を徹底解説!

スロットゲームとおなじくカジノゲームのなかでは、一人でまったり遊ぶには最適な「ビデオポーカー」

対戦相手がいないゲームなので、ポーカーの役や台ごとの仕様さえ覚えてしまえば、だれでも簡単に遊べます。

本ページでは、ビデオポーカーを遊ぶ際に必要となる基礎知識を解説するので、ぜひ参考にしてください。

ビデオポーカーの基本

ルール

ビデオポーカー、最初に配られた5枚のカードを軸に役作りを行うゲームです。

ビデオポーカー初心者はまずは下記2点を基本事項と覚えておくとよいでしょう

  • 役により配当額が異なる
  • 役を揃えるために、カードの入れ替えを判断する

 

基本役

ワンペア

ワンペア ジャック

同じ数字のカード2枚が、1組揃った状態。

ツーペア

ツーペア

同じ数字のカード2枚が、2組揃った状態。

スリーカード

スリーカード

同じ数字のカード3枚が、1組揃った状態。

ストレート

ストレート

5枚のカードが、連番で揃った状態。

フラッシュ

フラッシュ

同じ絵柄(スーツ)のカードが、5枚揃った状態。

フルハウス

フルハウス

同じ数字のカード3枚が一組(スリーカード)と同じ数字のカード2枚1組(ワンペア)が揃った状態。

フォーカード

フォーカード

同じ数字のカード4枚が一組揃った状態。

ファイブカード

ファイブカード

同じ数字のカード4枚とジョーカーが揃った状態。※ジョーカーポーカーのみの役

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

5枚とも同じ絵柄(フラッシュ)かつ連番(ストレート)で揃った状態。

※後述する「ロイヤルストレートフラッシュ」の条件を満たした際は、ロイヤルストレートフラッシュとなります。

ロイヤルストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュ

5枚とも同じ絵柄(フラッシュ)かつ「10、J、Q、K、A」が揃った状態。

 

ビデオポーカーの流れ

ビデオポーカーは台によって細かなルールが変わるものの、基本的な手順は同じです。

本稿では、一般的なビデオポーカーの手順を紹介します。

1 賭け金を投入し、ディール(DEAL)ボタンを押す

※投入するコインは1~5枚の範囲で選択可能。

※5枚投入時にロイヤルストレートフラッシュを作れると、より高い配当倍率になります。

2 交換したくないカードを選択し、それに対応するホールド(HOLD)ボタンを押す

3 ドロー(DRAE)ボタンを押す

※ホールドしなかったカードが消え、その位置に新たなカードが表示されます

4 成立した役に応じた配当を貰う

※配当を貰う際、勝った金額をそのまま貰える「コレクト」、全額を賭け倍々ゲームに挑む「ダブル」、半分だけ貰い、残りの半分を賭ける「ハーフダブル」を選択できる機能付きの台もあります。

ビデオポーカーの流れを動画で確認するならこちらがおすすめ!

 

ビデオポーカーの種類

ビデオポーカーは配当やハンド数(手札の数)、ジャックポット機能搭載モデルなど機能面などが違う様々機種が存在します。

ここからはなかでも代表的なものを紹介するので、初心者の方はこのタイプから挑戦してみるとよいでしょう

シングルハンドタイプ

シングルハンドタイプ

ビデオポーカーのなかでは、オーソドックスなタイプといえるでしょう。

基本的な役やゲームの流れを理解するだけでプレイできるので、ビデオポーカー初心者の入門ゲームとしても最適です。

このタイプの代表的なタイプとして「Jacks or Better」という台があります。

こちらはチェリーカジノで無料プレイができるので、ぜひご活用ください。

チェリーカジノ バナー

チェリーカジノ紹介ページはこちら

マルチハンドタイプ

マルチハンド ビデオポーカー

基本的なルールや流れはシングルハンドタイプと同様ですが、一度に複数ハンドを扱えます。

ハンドの内容は一番手前のものがコピーされホールド状況も共有。

ディールを実行すると、手前にハンドを含めてハンド数分全てチェンジが実行される仕様です。

ハンド数も100に設定できるなどプレイスタイルに応じて選択可能。

シングルハンドタイプでポーカーのルールを把握したらぜひともチャレンジしてください。

画像で紹介した「Jacks or Better MULTI-HAND」はジパングカジノで無料プレイができますよ!

ジパングカジノ紹介ページはこちら

シングルハンドとマルチハンドの比較検証動画はこちら!

 

ワイルドが存在するタイプ

ビデオポーカー ジョーカー

「ジョーカー」などワイルド(オールマイティー)が存在するタイプです。

ジョーカー以外にも数字の「2」がワイルドとなるなど台ごとによって変化があるので、プレイする前に必ず確認するようにしましょう。

本ページで紹介したJokerPokerは「Jacks or Better MULTI-HAND」同様ジパングカジノで無料プレイできるので、ぜひご活用ください。

今回はワイルドが存在するタイプのみ紹介しましたが、ジャックポット機能付きのものや特定のカードに特別配当がついたタイプなどビデオポーカーのバリエーションは多岐にわたります。

ビデオポーカーの仕様に慣れたらドンドン挑戦してみると、楽しさの幅を広げられますよ。

 

ビデオポーカーで遊ぶ際の注意点

配当は必ず確認すること

先述したビデオポーカーの種類でも簡潔に触れましたが、台ごとによって配当に変化があります。

こちらは役ごとの配当額のみならず、配当のある役も変わってきます。

「ツーペア」以上とシンプルに役が指定されているものもあれば、Jacks or Betterのように「Jのワンペア」以上などと詳細な設定がされているものまで存在するのです。

配当のある役は、ホールドするカードなどビデオポーカーをプレイするうえでの戦略に大きく影響するため、プレイ前はかならず台に表示されている配当表を確認する癖をつけましょう。

ビデオポーカーでまったりオンラインカジノを満喫しよう!

対戦相手が存在しないビデオポーカーは、スロットゲームのように一人でまったり遊ぶには最適なゲームです。

種類も多岐に渡るので、それぞれの特性を理解しつつロイヤルストレートフラッシュ目指してプレイしましょう。

 

まったり遊べるゲームをお探しの方にはスロットもおすすめ!