iwallet(アイウォレット)|入出金方法解説

iwallet

iwallet公式サイトはこちら

iWallet(アイウォレット)とはアジア・ヨーロッパをメインにビジネスやショッピングにも幅広く利用されている電子マネー。

JPY(円) / USD(米ドル) / EUR(ユーロ) / GBP(イギリスポンド) / SGD(シンガポールドル) / HKD (香港ドル)/ CNY(中国元) / IDR(ルピア) / PHP(フィリピンペソ)と9通貨に対応しており、即時外貨両替で海外の方とのやり取りにも重宝します。

本記事では、そのようなアイウォレットの特徴や利用方法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

アイウォレットのメリット・デメリット

メリット

充実した日本語対応サービスもあり、英語力が無くて利用できるのが大きな利点。

さらに、アイウォレット同士の場合には法人・個人問わず入出金が手数料無料で即対応可能です。

ローカルバンクトランスファーやバウチャー(クーポン)購入で入金といったユニークな入金手段も揃っています。

デメリット

他の口座への対応スピードが遅いのと手数料の高さがネックとなっています。

 

口座開設にかかる時間はどれくらい?

紙幣

スタンダード会員の場合は約5分ほどの時間でスピーディーに登録できるのがポイントです。

しかしスタンダード会員の場合、利用上限額が約$1,000と少なめなので、オンラインカジノで利用する場合にはアップグレードを推奨します。

 

口座開設手順(スタンダード会員)

1. 開設フォームで個人、法人を選択してメールアドレスを入力し、「次へ進む」をクリックしてください。

口座開設方法1

 

2. パスワード、お名前、居住国名、生年月日を入力し申請する。

口座開設手順2 iwallet

申請後、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

 

3. 認証メールのURLをクリックする

iwallet 手順3

ここまでの手順で、スタンダード会員登録が完了します。

 

エグゼクティブ会員へのアップグレード方法

アイウォレット全ての機能を使うためにはエクゼクティブ会員へアップグレードしなければなりません。

アップグレード方法はログインして住所・電話番号を登録をした後に、KYC書類(ご本人確認書類と住所証明書類それぞれ)をアップロードすると、1~2日の審査で可能と非常に簡単なもの。

ただし、KYC書類に関しては若干注意事項があります。

それらを下記にまとめたので、ぜひアップグレードする際は目を通しておきましょう。

エグゼクティブ会員へのアップグレードに必要な物

本人住所確認書類

本人確認書類:パスポート、運転免許証、住基カードのいずれか

※提出する際は、カラーの必要があります。提出物はカラースキャンまたは、カメラで撮影した画像ファイルを用意しましょう。

※パスポートは、顔写真があるページと所持人記入欄、運転免許証や住基カードは表面と裏面をアップロードしてください。

住所確認書類:発行より3ケ月以内の電気、ガス、水道など公共料金の領収書、または銀行など金融機関または電話会社からの明細書など

 

アイウォレットの入金手段

銀行

現在、アイウォレットの入金手段には「銀行振込」「国内銀行振込」「Japan Remit Finance」「バウチャー(クーポン)」と4種類存在します。

それぞれの概要は下記で解説するので、参考にしてください。

銀行振込

国際銀行いわゆる海外の銀行との取引になる「銀行振込」。

手数料は無料ですが、入金後3~5営業日以内の反映とスピードが一番遅いです。

また、初期手続きも手間がかかるので、おすすめできません。

 

国内銀行振込

日本国内の銀行との取引を指す「国内銀行振込」。

国内銀行振込の利点は、なんと言っても手間がかからないの一言に尽きます。

手数料は2.3%かかりますが、入金後3営業日以内に反映と銀行振込よりも早く、少額の取引におすすめの手段です。

 

Japan Remit Financ

海外送金サービス会社Japan Remit Finance(JRF)の日本銀行口座に現金を入金することでアイウォレット のアカウント内に資金を簡単に反映できる手段。

手数料が4.000円固定なため、高額入金におすすめの方法です。

反映スピードも3営業日以内と国内銀行振込と変わりません。

 

バウチャー

「バウチャー」はクーポンを購入して使用可能な額をチャージしての入金方法です。

手数料は5%と少し高めですが、入金すると即反映するメリットがあります。

内訳

手数料

反映スピード

銀行振込

無料

3~5営業日以内

国内銀行振込

2.3%

3営業日以内

Japan Remit Finance

4000円

3営業日以内

バウチャー

5%

アイウォレット同士の入出金

無料

 

アイウォレットの出金手段

グラフィックス2

出金代行サービス

日本の銀行口座向けに収納代行サービスを利用しての出金が可能になっており、手数料は0,5%ですが最低$35からとなっています。

大金の入金の場合には、エコぺイズよりも手数料がお得になっています。

  • 出金手数料:0.5%(最低$35から)
  • 反映スピード:3営業日以内
  • 再小取引額:$85
  • 最大取引額:$50,000

アイウォレットについて総評

口座開設は無料ですが、180日間利用しなかった場合には休眠維持費がかかるので、利用回数が少ない方は不向きといえるでしょう。

しかし、アイウォレットは対応する用途やカジノサイトが多いという魅力も誇ります。

メリットが希望と一致した場合は、積極的に活用した方がよいサービスです。

アイウォレットを利用できるオンラインカジノサイト

ジパングバナー1
チェリーカジノ バナー ネットベット バナー
ラッキーベイビーカジノ