ブラックジャック|基本用語や遊び方を徹底解説!

アイキャッチ

カジノゲームのなかで最もプレイヤーのテクニックが勝率に影響を及ぼすと言われる「ブラックジャック」。
カードの合計値を21に近づけるようカードを引くという流れのなかで、場を読む力、ディーラーとの駆け引きで培われる精神力、確率計算などカジノで勝つために必要な要素の習得に向いていると言われているため、ブラックジャックを制すものはカジノを制すといっても過言ではありません。
プレイヤー次第で期待値を高くできるブラックジャック。
本ページでは、基本用語や遊び方を解説していくので、ぜひ本ページを参考に常勝カジノプレイヤーを目指しましょう。

ブラックジャックの基本

ルール

ディーラーと勝負をするカードゲームで、手札の合計値を21に近づけた方が勝ちとなるゲームです。
21を超えるとバーストにより負け。
勝利すると賭け金の2倍の配当を得ます。
ブラックジャック最強の手札は、最初に配られる2枚のカードで21になる事です。
これを「ブラックジャック」と呼び、2.5倍の配当を得ます。

ブラックジャックの数字の数え方

エースのカード

1またはA
1または11と数える。

2~9の数字のカード

2~9
表記された数値通りに数える。

10と絵札(J、Q、K)

10~13
10点と数える。

ゲームの流れ

まず、プレイヤーとディーラに2枚ずつカードが配られます。
この時ディーラーのアップカード、見せ札は1枚のみです。
また、手札の事をハンドと呼び、「シングルハンド」は1つの手札でプレイすることを指し、「マルチハンド」は複数の手札でプレイすることを指します。

なおプレイヤーはブラックジャックでは下記3つの選択肢から行動をきめます

ブラックジャックをプレイする際の選択肢
  • ヒット:カードを引きます。バーストするまで何枚でも引き続けることが出来ます。
  • スタンド:追加カードが必要ない時に選択します。
  • ダブル:賭け金を2倍にして、カードを1枚だけ引きます。
    勝てば当初の2倍の配当金を得られますが、負けると損失が増えるデメリットがあります。

※基本的には手札にAがあるなど、プレイヤーが1枚引いてもバーストしないタイミング、かつディーラーのアップカードが4.5.6等の「プレイヤーにとって有利な状況下」でダブルを行います。

ブラックジャックの流れをまとめると下記のようになります。
不慣れなうちはゲーム画面と見比べながらプレイするとよいでしょう。

ブラックジャックの流れ
  1. プレイヤーが賭け金をベットする
  2. ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配られる
  3. ※プレイヤーのカードは2枚とも表向きで配られ公開される(オープンカード)。
    ※ディーラーのカードは1枚のみ表向き配られ公開される。

  4. ディーラーのオープンカードとプレイヤーの手札を比較し、アクションを決める
  5. ※アクションにより、プレイヤーの手札が21を超えてしまった場合、バーストとなりこの時点で負けが確定する。

  6. 全てのプレイヤーの手順3が完了したあと、ディーラーの裏向きのカードが公開される
  7. ディーラーの手札の合計数が17以上になるまで、ディーラーはカードを引く
  8. ※手順5により、ディーラーの手札は合計数「17~21」またはバーストとなる。

ブラックジャックを無料プレイで練習しよう

技術を磨くためには、場数を踏むことも非常に重要です。
練習プレイは、中級者でも技術を習得するために、回数をこなす、検証するにはうってつけの場。
オンラインカジノの練習プレイを使いこなしプロに通用する技術を身につけましょう。
ジパングカジノとチェリーカジノではブラックジャックが無料プレイできるので、おすすめですよ。

ブラックジャックの基本を押さえて、勝てるプレイヤーの第一歩を踏み出そう!

テクニックや心理戦などさまざまな要素が絡み合うブラックジャック。
カジノで勝てるプレイヤーになるためにも、本ページを活用してブラックジャックの基本を理解しましょう。
ゲームに慣れたらマーチンゲール法をはじめとした攻略法も参考にするとよいですよ