【スロット】MYSTERY MUSEUM | スペック紹介

MYSTERY MUSEUMのスペック

ゲーム名 MYSTERY MUSEUM
ジャンルビデオスロット
ソフトウェア Push Gaming
リール横5×縦3
コインバリュー-
ラインベット-
ペイライン数10
ジャックポット-
オートプレー
ターボモード
ギャンブル機能-

Push Gaming社製ビデオスロットで、古代の数々の宝物が安置される美術館が舞台の機種『MYSTERY MUSEUM(ミステリーミュージアム)』。
本記事ではMYSTERY MUSEUMのスペックやレビューを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
ペイアウト率は96.58%です。

ワンポイントアドバイス
今回はベラジョンカジノ実戦での値で、ベット額は重複分も含めると$0.1~$50の12段階で設定可能です。カジノによって最低、最高ベット額が異なる場合もあります。

MYSTERY MUSEUMのペイテーブル

1
ワイルド図柄はスキャッターも兼ねており、すべての図柄の代わりになります。
2
写真の配当は$1ベット時の値で表示されており、ベット額を変更した際には、配当表も合わせて変化します。

MYSTERY MUSEUMのペイライン

3
ペイライン数は10。
配当は、同一図柄が左から右に連続で3個以上停止した際に支払われます。

MYSTERY MUSEUMの独自仕様

ミステリースタック絵柄

4
通常時、スタック図柄が3つ以上出現するとそれぞれの図柄が、3マスを埋めるよう変動します。
5
中心のマスでさらにスロットが開始されます。
停止した図柄はミステリースタック図柄内を埋め尽くし、配当を獲得可能です。

ワンポイントレビュー
ミステリースタックは隣合っていない場合でも、発動が可能です。

MYSTERY MUSEUMのフリースピン

フリースピン突入条件

6
フリースピンの突入条件はワイルド兼スキャッター図柄が3つ以上停止することです。

フリースピンの仕様

7
初期スピン数は、停止したスキャッター図柄の数によって変動します。
回数は下記のとおりです。

停止数初期スピン数
3つ8回
4つ10回
5つ12回

8
フリースピン中に出現したスタック図柄は、スピン終了時までその場に固定されます。

ワンポイントレビュー
スタック図柄が早い段階で3つ出揃うと、連続した配当が手に入り有利となるでしょう。

MYSTERY MUSEUMのレビュー

機能的には比較的シンプルなMYSTERY MUSEUM。
スロット名が入ったミステリースタックの存在が印象的です。
フリースピンへの突入は簡単ではないですが、ミステリースタックと組み合わさった時の期待値は高いでしょう。
こつこつとプレイしたい方におすすめの機種です。

MYSTERY MUSEUMのおすすめ動画

MYSTERY MUSEUMをプレイできるオンラインカジノサイト

おすすめの記事