【チェリーカジノ】必勝法で儲かる!コツコツ行くかドカンと行くか!? 魅惑のライブゲーム Deal or No Deal

【チェリーカジノ】必勝法で儲かる!コツコツ行くかドカンと行くか!?  魅惑のライブゲーム Deal or No Deal

限定ボーナスバナー

運まかせではなく、必ず勝てるチャンスがある

Deal or No Dealにハマってしまいました。
ライブゲームだし、少しルールが複雑そうで敷居が高い印象だったのですが、実際にやってみると簡単だし、かなりエキサイティングです。
オンラインカジノのゲームの中でも、面白さは群を抜いていると僕は思います。
何よりも特筆すべきは、自分の工夫で、勝てるチャンスが作れるという点です。

ロック解除!

賭け金を決めてスピンをするのですが、解除に失敗すれば、ゲームには参加できず、賭けたお金は全くの無駄になってしまいます。
なるべくロスを押さえて解除するのが、このゲームの最初のポイントです。

スピンの右側のボタンで「ふつう」「簡単」「非常にやさしい」を選ぶ事ができます。
「非常にやさしい」を選ぶと3つのロックの内、2つが揃った状態になり、解除は容易になりますが、ベット額が上がります。
1ドルの賭け金だと、1スピンで9ドルです。

少ない金額で解除できれば、それに越したことはないのですが、何度か試した結果、「非常に優しい」を選択するのが、一番良いように思いました。
真ん中に表示されている数字が0になるまでに解除出来なければ、それまでスピンに要した金額は無駄になってしまいます。
多少ベット額が多くなっても、少ないスピンで成功する事の方が大事な気がします。

最良の解除の方法


9ドルを使って解除に成功したわけですが、実は1度失敗しているので、実際は18ドルを失っています。
左側の上から4番目の枠を選択して解除をしたので、そこが「$200」になっています。
解除の際のスピンで、この数字が変わります。
これも、このゲームのポイントの一つです。

デフォルトでは、右側の一番下、「$50」が選ばれた状態になっていますが、両サイドの16個の枠の何処を選んでも構いません。
これが16個のカバンの中に入っているお金の金額を意味します。
その16個の内、どのカバンが最後に残っているかで、賞金の額が決まってきます。

つまり、金額の大きなカバンの数を増やしておけば、チャンスが増えるのです。

ですから、僕は左サイドの金額の少ない枠を選んでスピンし、ここの賞金額を増やしておいたのです。

戦いの準備


更に、ゲーム開始までに準備の時間があります。
カバンの中の金額を増やしておく事が出来るのです。
枠を選んで、補充ボタンをクリックすると、ルーレットが回転して当選した倍率で金額を増やせます。

僕は右の下から2番目を「$100」にしました。
気を付けなければいけないのは「補充」は「追加ベット」です。
9ドル賭けて(失敗も含めれば18ドルなんですけど…)解除に成功したのですが「合計賭け金」は$14になっています。
$5を追加ベットして、補充を行ったわけです。

Deal or No Dealでは、自分に有利な状況を作っておく事が重要です。

一つの枠に狙いを定めて、一点勝負というやり方もあります。
しかし、それはリスクが高いので僕は最低限、3つの可能性を作る作戦を取りました。

Deal or No Deal必勝法

まず、1回のゲームで自分が使う金額の上限を定めます。
僕は20ドルにしました。

「$20」の配当を得られればトントン、「$50」「$100」「$200」なら、勝利です。

単純に考えれば、16分の4で「負けない」状況を作ったのです。
ですが、まだ時間もあり、更に上限と決めた20ドルまでも余裕があります。

更に有利な状況を作れないか…迷いました。

右の一番下の枠を選択し、更に$1を使って補充を試みた結果、倍率50を引き当て「$100」になりました。
「$100」の賞金を得る事を目標にしていたので、こういった選択をしたわけです。

他の低額の枠を選んで、「$20」以上の配当を増やしておくという方法もあります。
極端な話、全ての枠を「$20」以上に出来れば、負けないはずです。

ですが、そうすれば、当然ベット額が増えてしまって、勝敗のラインが引き上げられてしまいます。
勝利のチャンスを増やす為に、ベット額をズルズルと引き上げてしまっては意味がありません。
「ベット額の上限」を決めておく事は、大事なポイントだと思います。

「$100」の枠が2つ、「$200」の枠が1つ。
これで勝負に挑むことにしました。

第1ラウンド


後ろの綺麗なお姉さん(綺麗でない場合もあるかもしれません)が、カバンを開けていって、そこに表示されている番号が消えていきます。
【4】【15】【16】が最後まで残れば100ドル以上の賞金が得られるのです。
トータルベットは$15なので、【13】の$15、【14】の$20でも負けにはなりません。


最初に3つのカバンが開かれます。
【5】【11】【16】が消えました。

折角$100に育てた【16】が消えたのは残念ですが【4】と【15】は残りました。

表示されている「バンカーの提示」というのは、ゲームを降りた時に得られる金額です。
「ディール」するを選択すれば「$28.22」が貰えるのです。
$13.22のプラス収支になりますから、確実に勝ちたいのであれば、ここで降りるのも一つの選択肢です。

開錠に失敗した1回分、$9を計算に入れても、少しのプラスにはなります。
ですが「$100」越えのカバンがまだ2つ残っています。
「ディールしない」を選択してゲーム続行です。

第2ラウンド


消えたのは【2】【8】【9】【13】。
【4】と【15】は残っています。
「バンカーの提示」は「$38.18」。
これは、なかなか魅力的な誘惑です。
ここで降りて、確実に勝つか、$100ゲットを目指して勝負を続けるか、大いに迷います。

「バンカーの提示」の金額は、残ったカバンの中に、高額なものが多い程多くなります。
次のラウンドで【4】と【5】が消えてしまうと、一気に低い金額になるはずです。
ですが、次のラウンドを乗り切れば、一気に$100ゲットのチャンスが高まります。
ここは勝負に出ます『NO DEAL』!!!

第3ラウンド


【15】は消えてしまいましたが、一番賞金の高い【4】が残りました。
「バンカーの提示」は$46.82。
【4】が残ったので、まだ高い金額が提示されています。
…ここが勝負の分かれ道です。

【15】が残っていたら迷わず次のラウンドに進むのですが…。
勝負としては、強気でゲームを継続した方が面白いに決まっています。
ですが、確実に得られる「$46.82」も魅力的です。

負けない方法

最初に「負ける確率」を減らせると書いた理由が、ここにあります。
このゲームは「最後まで残るカバンを予想するゲーム」ではなく、「最も有利な状況でやめるゲーム」だと、僕は捉えています。
次のラウンドで「4」が消えてしまえば、勝てるチャンスも消えます。
ディールすれば、賞金の額は$100には届かないものの、「確実に勝てる」のです。

高額賞金を目指してゲームを続けるか、確実な勝利を手にするか、この選択の連続が、このゲームの醍醐味です。

「確実な勝利」を選びました。
この選択が本当に正しかったのでしょうか…?

第4ラウンド


【4】が残ってしまいました!!!
$200ゲットのチャンスを逃してしまったわけです。
もしゲームを続けていれば、ここからが究極の選択になります。
残ったのは「$200」か「$2」、まさに天国と地獄です。

最終結果

最後のラウンドでは「ディールする」「ディールしない」のほかに「ケースの取り換え」という選択肢も加わります。
後のカバンに高額の賞金があると思ったら、それを選ぶ事もできるのです。
これは迷う。
迷うけれど興奮します。
まさにギャンブルの醍醐味です。

結局【4】が残りました。
悔しいですね…「$200」ゲットのチャンスを逃してしまいました。
しかし負けてはいません。
$15のベットで、$46.82を獲得しているのです。

堅実に勝つか、冒険するか、それはプレイヤー次第

それなりの工夫さえしていれば、賭け金以上の払い戻しを得られる機会は、高い確率で訪れます。
・なるべく少ないスピン数でロックを解除する。
 ロック解除で失敗で失うベット金額は全くの無駄金です。
・1ゲームでのベット上限を決め、「補充」で出来るだけ有利な状況を作る。

そうした上で「バンカーの提示」がプラス収支になったタイミングで「ディール」していけば、「負ける」可能性はかなり低くなります。
勿論、状況次第では、高額賞金を目指して最後までゲームを続けても良いのです。
最終ラウンドまで進んだ時のヒリヒリ感はハンパ無いです。
長くなってしまったので、今回はここまでにします。
ここに至るまで色々と勉強させて貰いました…
このゲームについては、いずれまた語る事になるでしょう。

チェリーカジノ公式サイトはこちら

チェリーカジノ710x227

検証!オンカジ必勝法カテゴリの最新記事