アイキャッチ

限定ボーナスバナー

ポチョムキンです。

今回はシンプルカジノのライブバカラを31法を使ってプレイしてみたいと思います。

2連勝で利益が確定する必勝法『31法(別名;31システム投資法または2連勝法)』。
こちらのベット法は負けた時の最大損失額が決まっているため資金管理も楽で、負けを抑えやすいローリスクなシステムベットとなります。

今回はこの31法をさらに進化させるべく、バカラの罫線予測も併用して2連勝を狙います。

さらにシンプルカジノにはリベートボーナスがあり、ゲームをプレイする上で収支をプラスにしてくれる可能性があるため持って来いです!

リベートボーナスとは
リベートボーナスは1週間の賭け金合計の0.5%が自動的にアカウントに付与されるボーナスです。
獲得条件やゲーム毎の減額率、ボーナスの賭け条件等の詳細はシンプルカジノサイトをご確認ください。

31法×罫線予測(大路)

31法の使い方

31法は、合計31単位を9ゲームに分割するシステムベットです。

1単位のベット額設定ルール
1単位のベット額=最初のベット額(後述の表のA-1)

使用できるカジノゲームには、バカラやルーレットなどの倍率2倍または3倍のゲームが該当します。
※倍率3倍のゲームで31法を使用した際、2連勝できなくても、勝ち回数によってはセット終了時に利益が出る場合があります。

使用する際はまずベット単位を、下記表のようにA・B・C・Dと4つの段階に分けます。

A A-1 A-2 A-3
1単位 1単位 1単位
B B-1 B-2 -
2単位 2単位 -
C C-1 C-2 -
4単位 4単位 -
D D-1 D-2 -
8単位 8単位 -

単位分割が終了したら次のステップ『初回ベット(表のA-1)』に移行します。
※1単位辺りのベット額は、A-1のベット額が当てはまるので、計算する際はその点も忘れずに抑えておきましょう。

2ゲーム目以降の手順は、勝った場合と負けた場合の2パターンが存在します。
それぞれ下記にまとめたので、表とあわせて参考にしてください。

勝った場合
勝った場合はベット単位が次の段階に進みます。
Aの段階で勝つとB-1に、Bの段階ベット中に勝つとC-1、C-2の時はD-1の単位をベットという流れです。
なお例外として、D-1の時に勝った場合はそのまま右に進んでD-2をベットします。

勝利した際の1サイクル終了条件は、2連勝またはD-2の単位をベットしたゲームの終了後です。
※D-2の単位をベットした際は、勝敗に関わらず1サイクル終了となります。
※2連勝を賭けたゲームで負けた際は、『負けた場合』の処理方法を参照してください。

負けた場合
ゲームに負けた際、次回ベットは同じ段階の右に進み、同段階内の一番右まで進んで負けた際は次の段階の単位で計算します。
途中で勝利した場合は、前述の『勝った場合』の移行方法が使用されます。

1サイクル終了条件は、2連勝するか9連敗した場合の2パターン。
最大連敗数である9連敗した場合のベット単位の推移は下記のようになります。

  • 初ベット:A-1
  • 2連敗:A-2
  • 3連敗:A-3
  • 4連敗:B-1
  • 5連敗:B-2
  • 6連敗:C-1
  • 7連敗:C-2
  • 8連敗:D-1
  • 9連敗:D-2

※2連勝ルートは、『勝った場合』の項をご確認ください。

31法を取り扱ったおすすめ動画はこちら

罫線予測について

5大路

罫線予測の大路は過去の結果から、バンカー、プレイヤーの規則性を見出して次の出目を予測します。
もちろんあくまでも予測であり、必ず的中するわけではありませんが、勝率上昇に貢献します。

罫線予測(大路)を取り扱ったおすすめ動画はこちら

31法×罫線予測(大路)の使い方

31法×罫線予測(大路)の方法をまとめると下記になります。

  • ベット単位2(段階B)までは倍率を優先しプレイヤーに賭け続ける
  • ベット単位4(段階C)以降は、大路の罫線予測を取り入れ勝率が高いと算出できたゲームにベットして2連勝を狙う
  • タイ(引き分け)の場合はベット額がそのまま戻ってくるため、単位移動は行わず現状維持とする
  • 罫線予測を行うためにカードチェンジ後は、予測できる状態まで結果が揃うまで待つ
  • 2連勝で1セット終了とする

実践例 31法×罫線予測(大路)

ここからは、31法×罫線予測(大路)を実践例を用いて紹介します。

1ゲーム目

1ゲーム目。
ベット単位2(段階B)までは倍率を優先しプレイヤーにベット。
ベット額は、単位計算をわかりやすくするため$1にします。

1ゲーム目結果

結果は勝利。
【A-1】を賭けて勝ったので、次回は【B-1】に進みます。

表を確認する

A A-1 A-2 A-3
1単位 1単位 1単位
B B-1 B-2 -
2単位 2単位 -
C C-1 C-2 -
4単位 4単位 -
D D-1 D-2 -
8単位 8単位 -

2ゲーム目

2ゲーム目。
$2をプレイヤーにベットします。

2ゲーム目結果

今回は負けてしまいました。
勝っていれば2連勝で1セット終了だったのですが、負けたのでベット単位を同じ段階の右に進みます。

単位は【B-1→B-2】へと同段階内の移動となるので、ベット額は次回も$2です。

表を確認する

A A-1 A-2 A-3
1単位 1単位 1単位
B B-1 B-2 -
2単位 2単位 -
C C-1 C-2 -
4単位 4単位 -
D D-1 D-2 -
8単位 8単位 -

3ゲーム目

3ゲーム目は勝利したものの、この回はB段階の末にあたる【B-2】だったので、2連勝でサイクル終了とならない限り【C-1】に進みます。

表を確認する

A A-1 A-2 A-3
1単位 1単位 1単位
B B-1 B-2 -
2単位 2単位 -
C C-1 C-2 -
4単位 4単位 -
D D-1 D-2 -
8単位 8単位 -

4単位ベット到達に伴い罫線予測開始

4ゲーム目

ベット単位が4に到達した4ゲーム目。
ここからは、罫線予測を導入します。

直近の3ゲームはプレイヤーとバンカーがテレコに出る展開だったため、バンカーにベットしました。

4ゲーム目結果

予測的中で2連勝達成。

バンカーにベットして勝つと払戻しは1.95倍になってしまいますが、それでも2連勝で利益が出ます。
今回の31法サイクルは、無事2連勝を達成できたので、ここで1セット終了となります。

31法×罫線予測(大路)は儲かるのか

7最高額

1セットを完了したところで、31法×罫線予測(大路)を本格的に実践しました。

罫線予測(大路)の醍醐味

罫線予測好きのギャンブラーとして、一番印象に残った回を紹介します!

12最終ベット
ニコイチ展開の読みを外し、テレコ展開の読みを外しベット単位が4に突入した場面。
直近の罫線は、バンカー5連続→プレイヤー1回→バンカー1回の展開。

素直にテレコ展開と読みプレイヤーへベットすることが頭をよぎりますが、ここに至るまで裏をかく結果が続いていたためバンカーにベット。

バンカーの勝利

結果はバンカー勝利。
裏を予測し、見事当てた時は罫線予測好きとして一番興奮する瞬間です!

13最終結果

次の2連勝を賭けたベットは、ツラを追いバンカーに賭けましたが、残念ながら負け。

自分の読みの浅さを実感する展開は、一番絶望する瞬間です……。

この回は罫線で一番興奮する瞬間と、一番残念な瞬間を味わえたプレイでした。

31法×罫線予測(大路)で得た収支

ゲーム数 601
勝ち 275回
引き分け 62回
負け 264回
勝率 51%
累計賭け金 $1,622
累計払い戻し 1,636.8
収支額 $14.80
ペイアウト率 100.91%

罫線予測(大路)を取り入れたベット単位4以上での勝率は、全177ゲームで86勝72敗19引き分けとなり、勝率は54.43%となりました。

31法は2連勝で得られる利益が低く、2連勝できなかった時の損失額の方が大きいです。
コツコツ2連勝を積み重ねても、勝ちきれないと大きな損失でマイナスになってしまうこともあります。

31法で勝つためには今回のように罫線予測を取り入れ、勝率を上げることが重要になるでしょう。

14結果グラフ

今回の収支額の推移をグラフにしたものです。
わずかですがプラス収支で終わることができました。
幾度かマイナス収支に傾いたこともありましたが、コンスタントに勝ちを重ねてプラス収支に戻すこともできました。
今回は罫線予測が良い結果に結びついたと言えるのではないでしょうか。

テーブルゲームの勝率をあげる秘策!リベートボーナス

シンプルカジノでは1週間のベット額に応じたリベートボーナスが貰えます。
今回のプレイでのリベートボーナスは$8.13でした。

減額率の高いテーブルゲームでも負けなければリベートボーナスだけで美味しい思いが出来ます。
シンプルカジノはコツコツ勝利を積み重ね収益を増やす必勝法に、とても向いているサイトですね!

システムベットを活用する方は、ぜひシンプルカジノを利用しましょう!

シンプルカジノバナー