アイキャッチ

モンテカルロ 街並み

どうも!ポチョムキンです。最近攻略法なるものにハマっております(笑)
それもそのはず、わたくし幼少の頃にファミコンの裏技本に魅せられて、まだ持ってないソフトの裏技を読んではそのソフトを手に入れた時のことを想像してワクワクしていたのです。
カジノで使える技があるならばそれを使わない手はありませんよね。

今回は巷でも有名な「モンテカルロ法」を使ってウィリアムヒルカジノクラブのプレミアムルーレットをプレイしてみました。

モンテカルロ法!いざ!!実践

ルーレット ヨーロピアンスタイル
今回は、シングル0のヨーロピアンスタイルに挑戦です。
2倍のベットでモンテカルロ法を使います。

1セット目

ルーレット 黒
数列は【1・2・3】からスタートするので、$4をベットします。まずは黒に賭けてみました。
結果は黒の28で的中となり、$8が戻ってきました。
数列は1と3が消えて2だけになったので1セット終了です。
収支額は$4のプラスでした。

2セット目

ルーレット 偶数ベット
2セット目の初回は$4を偶数に賭けてみました。すると今後は外れてしまいました。数列は右端に4が追加されて【1・2・3・4】になります。

ルーレット 黒10
2ゲーム目は$5を同じ偶数に賭けました。
結果は10で的中!$10の払戻しです。数列は1と4が消えて【2・3】に!次勝ったら全部消えて終了です。

ルーレット 赤32
3ゲーム目も$5をベットします。場所は赤にしました。
すると32の赤で的中!偶数に賭けていても的中でしたね。

$10の払戻しを得て、モンテカルロ法終了です。
2セット目の収支額は+$6でした。2セット合計で$10のプラスです。なるほど、コツコツと稼いでいけるタイプのベット方法ですね

モンテカルロ法実践結果

モンテカルロ法 図
2セット目を終えた後もしばらくモンテカルロ法を使ってプレイしてみました。
結果をまとめると・・・6セット終えて、最終的な収支額は+$17でした。
最後のセットは結構負けて途中でマイナス収支に!そして負けが続くと1回毎のベット額も大きくなるので、ハラハラしましたね。

モンテカルロ法レビュー

モンテカルロ法 メモ

ちなみに、実際に取ったメモがこちらです。字が汚くてごめんなさい。

海外のカジノではメモを取りながらプレイするのは禁止されていますので、オンラインカジノは自由でいいですよね。
ということで、話をモンテカルロ法に戻しますが総括としては以下2点!

  • 安定的に勝てていればとても優秀な攻略法
  • メモを取るのが苦手な人にはお勧めできない

負けて増える数字は1つに対して、勝った時に消える数字は2倍のゲームで2つ、3倍のゲームで4つ消えるため、確率通りに勝てば絶対に数字は消えるんです。

でもそんなにうまくいくとは限りません。連敗は必ずやってきますから。
連敗によって賭け金が増えてしまった時は、所持金との相談になってしまいます。
また、連敗が続いて、1回のベット額がテーブルリミットまで達してしまうということも考えられます。

モンテカルロ法は、すべて計算通りにいけば優秀と言えますが、明確な欠点も存在するため、必勝法と断言できない攻略法でしょう。

モンテカルロ法のおすすめ解説動画はこちら

本記事でプレイしたカジノサイトはこちら


ウィリアムヒル公式サイトはこちら