ノーモアリスク!グッドマン法(1235法)をバカラで徹底検証

ノーモアリスク!グッドマン法(1235法)をバカラで徹底検証

リスクを最小限に抑えつつ、利益を狙う攻略法「グッドマン法(別名『1235法』)」。
使い方も非常にシンプルで、1235法と覚えておくだけでこの使い方が分かるとも言われています。

この数字は、ベット額の上がり方をそのまま記しています。

今回は、シンプルかつリスクマネージメントに優れた攻略法、グッドマン法の使い方やメリットデメリット、実践結果を解説します。

グッドマン法の使い方

グッドマン法はバカラやルーレットの赤黒等の倍率2倍のゲームで有効です。
まず、ベット額の単位「1235」を覚えてください。

単位が1なので、$1というわけではありません。
これが$10だったら次の「2」では$20を賭けるということになります。
本記事の解説では、わかりやすさを優先し1単位を$1と設定しています。

グッドマン法は連勝すると次の単位に移行する流れとなります。
$1ベットで勝ったら、次は$2。$2で勝ったら次は$3、さらに勝ったら$5を賭けるという具合にベット額を調整する形です。

なお、4連勝した後は$5を賭け続けるのが基本ですが、初期ベット額に戻しても問題ありません。
なぜならば、グッドマン法は確実に連勝するための攻略法ではないからです。
グッドマン法を使用する際は、引き際の見極めを意識しましょう。

グッドマン法のメリット

グッドマン法のメリットといえば「リスクを抑えつつ、収支増を狙える」点。

$1を賭け続ければ、4連勝しても+$4にしかならない……。
そんな悩みもグッドマン式のベット額増加方法を採用すれば、収支を+$11に増やすことが可能です。

万が一2ゲーム目で負けても最初の$1分のマイナス、3ゲーム目で負けた場合は収支がマイナスにならないという徹底したリスクマネージメントぶりはグッドと言わざるを得ませんね。

内訳 1 2 3 4
ベット額 $1 $2 $3 $5
勝敗
払戻し $2 $4 $6 $10
収支額 +1$ +3$ +6$ +11$

上の表をご覧ください。
2連勝時の収支額は+$3です。
3ゲーム目は$3を賭けるので、負けたとしてもプラマイゼロで済みます。

3連勝した場合収支額は+$6になっているので、次に$5賭けて負けたとしても収支は+$1とプラスです。
このようにマイナス収支をよい状況で迎え、プラス収支を回収しつづられる仕組みがグッドマン法の利点といえるでしょう。

グッドマン法のデメリット

グッドマン法のデメリットといえば、結果が交互に出るテレコのゲーム展開だと片方に賭け続けた場合は絶対に勝てない点。

1勝すると払い戻された金額をそのまま賭けることになるので、2ゲーム目で負けてしまうと利益は手元に残りません。
また、そもそも4連勝するのかという点について考えてみると、確率的に厳しいというしかありません。

バカラでプレイヤーに賭け続けた時の連勝確率(引き分けを考慮に入れない場合)

  • 1勝  44.63%
  • 2連勝 24.38%
  • 3連勝 12.04%
  • 4連勝 5.95%
  • 5連勝 2.94%

デメリットを総括するとグッドマン法は、机上では致命的な欠点が目立ってしまう攻略法といえるでしょう。

バカラでグッドマン法を実践

正確に判断するには、実践あるのみ。
グッドマン法の有用性を測るために、ウィリアムヒルカジノのバカラにて実践してみることにしました。
プレイ数は100ゲーム+α。
キリのいいところまでプレイします。
バカラはバンカーに賭けて勝つと払い戻しが1.95倍になるので、プレイヤーに賭け続けます。

ゲーム序盤

バカラ グッドマン法
スタート直後から2連敗したものの。3ゲーム目でナチュラル8で初勝利。
早速グッドマン法を使用します。

グッドマン法 2戦目
その次は2単位の$2を賭けて、6対5でギリギリ勝利しました。次は$3を賭けます。

グッドマン法 失敗
3連勝ならず。
でも2連勝したので、ここで負けても収支はマイナスになりません。
しかし、はじめの2連敗があったので、-$2のままです。

グッドマンチャンス到来

グッドマン法 3連勝
32ゲーム目にしてチャンス到来です。
$3をベットしてナチュラル8での勝利によって、初の3連勝。
次のベット額は$5!
ここからが本番です。

グッドマン法 ピンチ
始めの2枚は5対3。追加でカードが配られます。

グッドマン 勝ちが消える
5が来てプレイヤーはトータル0となり、絶対に勝ちはなくなりました……。
4連勝はこんなにも遠い存在なのでしょうか!

グッドマン 引き分け
諦めかけたその時……バンカーに7が来てトータル0。
なんと奇跡の引き分けです!
引き分けは賭けた金額がそのまま戻ってくるので、もう1度仕切り直しになります。

グッドマン 成立
仕切り直し戦はナチュラル8で勝利!
初めてのグッドマン法完了です。

しかし、問題は次のベット額をどうするか。
セオリー通りの勝負でグッドと叫ぶか、撤退か。

ここは迷うことはありません。
男は度胸、勝負です!

グッドマン 完敗
バンカーのナチュラル9。
ノーグッド……。
完敗しました。

敗北後に舞い降りた奇跡

グッドマン 奇跡
強気の勝負の後には奇跡が起こるもの。
パーフェクトペアでさらに3枚目も同じカードという珍しい事態に遭遇しました。
このような奇跡に出会えるときは勝利のサイン。
流れを引き寄せている気配がします。

グッドマンチャンス再来

グッドマン 2回目

77ゲーム目、2度目のグッドマン法成功です。
さあ、次をどうするか。迷う必要はありません。
この時点での勝率を出してみたところ、77ゲームで勝利は37回。引き分けを差し引いて、勝率は52.11%でした。
勝ちが多い状況に加えて、奇跡に遭遇したばかり。
勝つと信じて$5ベット一択です。

グッドマン 2回目 負け
ノーグッド……。
またもや5連勝ならず。
もう次は4連勝したら初期ベットに戻そうと決意しました。

最後のグッドマンチャンス

ファイナルグッドチャンス
96ゲーム目。
ナチュラル8で勝利し、3度目のグッドです。
ここまで2連続で勝負所で敗北。
撤退が今日の正解と信じ、迷わず初期の$1に戻しました。

グッドマン 負け読み
結果は読み通り見事に負け。
ギャンブルというものは、敗北を読んでの撤退も一つの手段です。
最終的に、全部で102ゲームプレイした結果、46勝、11引き分け、45敗。
勝率50.55%。$181賭けて$173の払戻し。
ペイアウト率は95.58%でした。

グッドマン法レビュー

バカラ グッドマン法
勝率が50%超えていたということは、今回グッドマン法を使用せず$1ベットし続けていたら、+$1という結果でした。
つまり、【策士策に溺れる】ということです。
勝ちが多い状況でプラス収支にならなかった原因として、連勝が続かなかったということが1番の原因でしょう。
グッドマン法では2連勝できないと、収支は-$1となり、じりじりと収支がすり減っていく事態に陥ります。

また、100回中5回は起こる計算の4連勝が、今回は3回でした。

最終的な評価としては、「グッドマン法は大負けはしないものの、儲けるためには計算通り連勝の壁が立ちはだかる。波が来ているときには有効」といえる攻略法でした。

限定ボーナスバナー

検証!オンカジ必勝法カテゴリの最新記事